車のパンク修理キットのおすすめは!値段ややり方を解説!

車のパンク修理キットのおすすめ

パンク修理を自分でやりたいと考える人も多いです。

この記事ではおすすめのパンク修理キットをご紹介しています。

またパンク修理のやり方も詳しく説明していますので是非チャレンジしてみて下さい。

スポンサードリンク

車のパンク修理キットのおすすめは!

最近の車には搭載されていることが多い、パンク修理キットです。

従来はスペアタイヤをという交換用のタイヤを搭載していたことが多かったが、スペースの確保の観点や、燃費向上やタイヤ性能の向上などにより特殊な液体をタイヤの中に入れ一時的にパンクしたタイヤでも走行できるようにします。

パンク修理キットが標準で装備されていない場合は個人で揃える必要があります。

通販ショップで簡単に購入できます。

こちらの商品は電動空気入れ付きで安心パンク修理キットです。

楽天でレビュー数ナンバーワンの修理セットとなっています。

【在庫有】緊急パンク修理キット【使用期限2025/06/05】スマートリペア SLIME スライム 50036(補修剤と空気圧計付コンプレッサーのセット) 世界純正採用多数 ランフラットタイヤ車両にも最適! パンクリペア

車のタイヤがパンクして走行し続けるとどうなる?

まずは、パンクしたら安全な場所に停車をします。焦らず周りの様子を伺いながら泊めていきましょう。

一般道の場合

建物の入り口や交差点などを避けて、なるべく駐車場に止めるようにしましょう。

高速道路の場合

非常駐車帯やサービスエリアなどに止めましょう。

難しい場合は、路側帯にゆっくりと減速をしハザードランプをつけながら入り停車しましょう。

停車後は追突時に車が飛ばされないようにするために、路肩側にハンドルを切りましょう。

そうすることによってもし追突されても走行車線に飛び出るリスクは少なくなります。

発煙管なども有効活用しましょう。

パンクしたまま走り続けると、バーストや最悪の場合はホイールが外れてしまいバランスを崩して、横転してしまいます。

車のタイヤのひび割れは大丈夫?

大丈夫ではありません。

早急に交換が必要となります。

では、どうしたらひび割れしてしまうのでしょうか?

ひび割れの主な原因

経年劣化

一番の原因だと思います。

走行頻度が少なく、使用期間も長いとこれに該当することが多いです。

空気圧不足

あまり多すぎても負荷がかかるので注意が必要です。

荷重をかけすぎている

走行頻度が少ない・停車状態が長い

こちらが該当すると後に、経年劣化につながります。

油性のタイヤワックス 最近は水性が多いので気にしなくてもいいですが、油性は艶がとてもでます。

その代わりタイヤにも負荷がかかります。

紫外線

実は紫外線もタイヤのひび割れの原因になります。

車のパンク修理のやり方は!

車種によって異なりますのでご自身でご確認ください。

パンク修理キットを使用する場合

コンプレッサーと専用の液体が付いています。

こちらの使い方は、車の取扱説明書をご確認ください。

タイヤは再利用出来なくなりますので注意が必要です。

スペアタイヤを使う場合

1 スペアタイヤを外す

2 車をジャッキアップする

3 ナットを外す

4 タイヤを外す

5 スペアタイヤをつける

6 ナットを締める

7 ジャッキダウンする

どちらを使用しても、長く走行することは大変危険ですので、すぐにディーラーやカーショップで交換してください。

パンクの修理は、穴をふさぐ方法で「2000円」前後だといわれています。

ですが、穴をふさぐ方法だと、そのうちパンクする可能性も少なくありません。

そのため一度パンクした場合は、タイヤ交換をお勧めします!

スポンサーリンク