ダンプ運転手を辞めたい方必見!辞めていく理由や転職を成功させる秘訣とは!

ダンプ運転手は後悔する?

ダンプカーといえば大型車両のイメージがあると思いますが、実は小、中車両も走っています。

そして、トラック業界の中でも、まだある「車の持ち込み」という制度が残っているジャンルでもあります。

しかし、その実態となると中々わからないと事が多いのではないでしょうか。

今回はそのダンプ運転手について色々と書いていきたいと思います。

ダンプ運転手になると後悔することになるのか?辞めた人の辞めていく理由や転職を成功させる秘訣などについてもお話していきます。

ドライバーで簡単に年収を60万円以上アップしたい方はこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご確認下さい。

「給料があと5万円あったらなぁ」 トラックドライバーなら誰しも思ったことがあると思います。 たかが5万円、されど5万円、簡単そうで難...

スポンサードリンク

ダンプ運転手はやめとけ?

世間の景気に物凄く左右されやすい業界です。

積載物のほとんどが工事現場関係になりますので、忙しい時期や暇な時期。

それに景気の良しあしがついてきます。

日給制などの雇用体制を取っていたり、「車の持ち込み」などで仕事をしていると思いのほか給料は安定しません。

ダンプ車は小、中、大、特大型車の種類がありますが、それはあくまでも現場によって使い分けているだけなので、基本は大型車の免許がいります。

なので働く為の入口は狭いと言えます。

運搬先が工場といった場合なら比較的に収入は安定しやすいと思いますが、その場合だと今の時代は殆ど「車の持ち込み」での運搬はできないでしょう。

ようは白色のナンバープレートがダメで緑色のナンバープレートはOKという現場の事ですね。

ダンプ運転手で後悔する理由は何?

確かに荷降ろし作業といった肉体労働はないですし、女性ドライバーさんもチラホラ見かけます。

ただ、現場によっては運転技術がいります。

例をいうと、山を掘り崩している現場で土砂の運搬があるとしましょう。

その現場はアスファルトなんかで地面は舗装されていません。

そんな現場にダンプ車は入っていきます。

現場によっては車の幅ギリギリの道しかない場合もあります。

下を見ると…といった現場もあります、怖いです。

他には、相手先などで気性の激しい人と接する機会が多いかもしれませんね。

実際に運転が下手とか誘導が下手とかで揉めたりしている人を何回も見かけた事があります。

そういった人とは誰しも極力関わりたくはないと思いますが、適当にやり過ごす気持ちがないと後悔すると思いますよ。

あなたはダンプ運転手に向いてる?

ダンプ運転手には向き不向きがあります。

向いていないと絶対に長続きはしません

向き不向きが分かる性格診断テストはこちらから簡単に受けれます。

ダンプ運転手を目指すなら一度は受けましょう!

🔗自分がダンプ運転手に向いているかチェックしてみる

ダンプ運転手を辞めていく最大の理由とは

災害などで遠方から土砂を運搬する仕事もありますが、基本はそこまで遠くまで走ることはありません。

近距離~中距離のイメージですね。

なので何回も運搬するために往復したりするわけです。

そして意外に知られていない待機時間です。

大きい現場では、けっこうな待ち時間がありますし、現場によってはアイドリング禁止などといわれて夏、冬にエンジンを切った状態で延々と待つ事もあるので、そういった面での肉体的疲労はあり、収入が意外と少ないので辞める人もいます。

そして、ダンプ運転手は昔ながらの「車の持ち込み制度」が残っていますが、年々運搬できる現場が減ってきています。

ようは営業ナンバーを付けた車以外をお断りしている現場ですね。

それが理由で引退される人も増えてきています。

ダンプ運転手の転職を成功させるポイント

ダンプ運転手の最大の魅力である「作業をしない」をちゃんと守れる会社を探す事をお勧めします。

中にはユニックで「積んで、降ろして」っといった会社もあるので注意したほうがいいでしょう。

また、維持費などの観点から持ち込みはあまりお勧めしません。

ひと昔前ならダンプ運転手と言えば「持ち込み」といえましたが、近年ではその「持ち込み」の仕事も幅が減ってきています。

やはり、安定的に収入を得る為には会社員になる事だと思います。

今の時代は福利厚生がちゃんとしている会社も多いですからね。

よく調べて応募する事をお勧めします。

ダンプ運転手のもっと詳しい情報や求人、転職のコツ

リクルートエージェントアドバイザー

ダンプ運転手の情報がもっと知りたい、もしくは実際に転職まで考えている人は「エージェント」を活用してみてください。

今、運送業界の情報収集や転職にはエージェントの利用が主流になっています。
ブラック企業の多い運送業ではエージェントに条件の交渉や嘘がないかの確認をしてもらったほうが安心です。

運送業界で一番おすすめできるエージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界最大手で求人数、実績が日本一です。

リクルートエージェントでゲットできる情報

  • 給料や年収、ボーナス
  • 詳しい仕事内容
  • 労働時間や残業時間
  • 年間の休日
  • 取引先

などの情報収集ができます。

>>ダンプ運転手の詳しい情報をゲットする

さらにリクルートエージェントは労働条件や賃金の交渉までサポートしてくれます。
実はそこが一番の有難いメリットです。
もう一歩踏み込んで企業の情報や実際に交渉だけでもお願いしてみたい方はこちらの具体例を参考にしてください。

  • 年収は600万円以上で探して欲しい
  • 勤務時間の希望は8時から17時まで
  • 残業時間は月に20時間以内で
  • 土日は休みたい
  • 同じ市内で探して欲しい

これをアドバイザーに伝えると条件に沿った企業を探してもらえます。
あなたが面接に行って確認してまわる面倒くさい手間がはぶけます。
さらに「事故をしたら自腹なのか?」など非常に聞きにくいこともアドバイザーに確認してもらうと良いでしょう。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっています。
理由は企業が外部に採用条件を漏らしたくないのと面接の対象者をエージェントから依頼のある希望者に絞ることで対応する手間をはぶけるからです。

あなたがいくら探しても情報が出てこないのはこの非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
あなたの希望する会社が非公開求人で見つかるかもしれません。

ぜひ相談してみてください。

>>リクルートエージェントでダンプ運転手の相談をする

登録は簡単で料金は一切かかりません。
登録したからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
あなたの情報収集にお役立てください。

まとめ

まとめ

たしかに、運転しているだけと言えばそうなんですが、実際には運転技術、待機時間などがあり、あまり他の運送のジャンルと変わらないです。

ただ最大のメリットが「荷降ろし作業」をしない事であり、これは理想のドライバーだと思います。

今の時代、ドライバー=作業員 のジャンルだらけです。

その分、収入は少なめですがそれは仕方がないともいえます。

選び手にとってここまで分かりやすいジャンルのドライバーの仕事も中々ないと思います。