ダンプ運転手になると後悔だらけ?辞めていく理由とは!

ダンプ運転手は後悔する?

ダンプカーといえば大型車両のイメージがあると思いますが、実は小、中車両も走っています。

そして、トラック業界の中でも、まだある「車の持ち込み」という制度が残っているジャンルでもあります。

しかし、その実態となると中々わからないと事が多いのではないでしょうか。

今回はそのダンプ運転手について色々と書いていきたいと思います。

ダンプ運転手になると後悔することになるのか?辞めた人の辞めていく理由などについてもお話していきます。

スポンサードリンク

ダンプ運転手はやめとけ?

世間の景気に物凄く左右されやすい業界です。

積載物のほとんどが工事現場関係になりますので、忙しい時期や暇な時期。

それに景気の良しあしがついてきます。

日給制などの雇用体制を取っていたり、「車の持ち込み」などで仕事をしていると思いのほか給料は安定しません。

ダンプ車は小、中、大、特大型車の種類がありますが、それはあくまでも現場によって使い分けているだけなので、基本は大型車の免許がいります。

なので働く為の入口は狭いと言えます。

運搬先が工場といった場合なら比較的に収入は安定しやすいと思いますが、その場合だと今の時代は殆ど「車の持ち込み」での運搬はできないでしょう。

ようは白色のナンバープレートがダメで緑色のナンバープレートはOKという現場の事ですね。

ダンプ運転手で後悔する理由は何?

確かに荷降ろし作業といった肉体労働はないですし、女性ドライバーさんもチラホラ見かけます。

ただ、現場によっては運転技術がいります。

例をいうと、山を掘り崩している現場で土砂の運搬があるとしましょう。

その現場はアスファルトなんかで地面は舗装されていません。

そんな現場にダンプ車は入っていきます。

現場によっては車の幅ギリギリの道しかない場合もあります。

下を見ると…といった現場もあります、怖いです。

他には、相手先などで気性の激しい人と接する機会が多いかもしれませんね。

実際に運転が下手とか誘導が下手とかで揉めたりしている人を何回も見かけた事があります。

そういった人とは誰しも極力関わりたくはないと思いますが、適当にやり過ごす気持ちがないと後悔すると思いますよ。

ダンプ運転手を辞めていく最大の理由とは

災害などで遠方から土砂を運搬する仕事もありますが、基本はそこまで遠くまで走ることはありません。

近距離~中距離のイメージですね。

なので何回も運搬するために往復したりするわけです。

そして意外に知られていない待機時間です。

大きい現場では、けっこうな待ち時間がありますし、現場によってはアイドリング禁止などといわれて夏、冬にエンジンを切った状態で延々と待つ事もあるので、そういった面での肉体的疲労はあり、収入が意外と少ないので辞める人もいます。

そして、ダンプ運転手は昔ながらの「車の持ち込み制度」が残っていますが、年々運搬できる現場が減ってきています。

ようは営業ナンバーを付けた車以外をお断りしている現場ですね。

それが理由で引退される人も増えてきています。

ダンプ運転手の転職を成功させるコツ

ダンプ運転手の最大の魅力である「作業をしない」をちゃんと守れる会社を探す事をお勧めします。

中にはユニックで「積んで、降ろして」っといった会社もあるので注意したほうがいいでしょう。

また、維持費などの観点から持ち込みはあまりお勧めしません。

ひと昔前ならダンプ運転手と言えば「持ち込み」といえましたが、近年ではその「持ち込み」の仕事も幅が減ってきています。

やはり、安定的に収入を得る為には会社員になる事だと思います。

今の時代は福利厚生がちゃんとしている会社も多いですからね。

よく調べて応募する事をお勧めします。

まとめ

まとめ

たしかに、運転しているだけと言えばそうなんですが、実際には運転技術、待機時間などがあり、あまり他の運送のジャンルと変わらないです。

ただ最大のメリットが「荷降ろし作業」をしない事であり、これは理想のドライバーだと思います。

今の時代、ドライバー=作業員 のジャンルだらけです。

その分、収入は少なめですがそれは仕方がないともいえます。

選び手にとってここまで分かりやすいジャンルのドライバーの仕事も中々ないと思います。

スポンサーリンク