車の油膜取りで最強のおすすめは!油膜の原因やオートバックスでの料金はいくら?

油膜取り最強のおすすめ

みなさんは、車を運転しているときにウォッシャー液を噴射しても取れないフロントガラスの汚れに悩んだことはありませんか?

極端に視界が悪くなり、夜だと対向車のライトで何も見えなくなってしまったりと、そういったフロントガラスの視界不良の原因は、「油膜」といいます。

油膜とは、その漢字の通り油の膜のことですが、水分と油分が混じっており、油の部分はシリコンです。

ウォッシャー液で落とそうとしても、洗車したときに洗剤でしっかりと洗っても、簡単には取れません。

この記事では、落としにくい油膜をどのようにして落とすのかを解説いたします。

スポンサードリンク

フロントガラスの油膜の原因は

フロントガラスに油膜ができてしまう原因はいくつかあります。

まずは排気ガスです。

自動車の排気ガスには、少しだけ油分が含まれており、交通量の多い道路を走行すると少しずつフロントガラスに油分が蓄積していきます。

また、排気ガスは雨にも含まれており、ごく僅かではありますが油分が含まれていることもあります。

この場合は雨の日に走行しているだけで少しずつ油分が蓄積したり、その雨が溜まった水たまりの水が前や横を走っている車に跳ね上げられ、フロントガラスにかかったりしてしまうと、油膜ができる原因となってしまいます。

車の油膜をとる方法は

フロントガラスに油膜がついてしまうと、ウォッシャー液を使ってもきれいに拭き上げたつもりでも、いまいちしっかりと取ることができません。

そんなしぶとい油汚れには、「油膜取り」がおすすめです。

油膜がそれほどひどくない場合は、油膜取り効果のあるウォッシャー液を使用すると落ちてくれる場合もありますが、強力な油膜には歯が立ちません。

油膜がひどい場合にはしっかりと油膜取り専用「油膜除去剤」を使用する必要があります。

車の油膜取りは家にあるものでできる?

フロントガラスの油膜は、なんと家にあるもので除去できることもあります。

ひどい油膜の場合は除去しきれない場合もありますが、作業は簡単ですので、一度試してみると良いでしょう。

まず、フロントガラスを烏龍茶で拭く方法です。

実は烏龍茶には油を分解する力があり、軽度であれば油膜を落とすことができます。

柔らかい布に染み込ませて使うとフロントガラスにも優しいです。

また、台所用の洗剤を使ってフロントガラスを拭くと軽度な油膜を落とすことができます。

食器に付いた食べ物の油を落とす性質が役に立つのです。

車の油膜取りは100均にもある?

現在、100均ではさまざまなカー用品が販売されています。

もちろん油膜取りも100均で販売されているのです。

ダイソーでは、「窓用油膜取り クリーナーシート 厚手タイプ」という商品が販売されています。

ひどい油膜の場合は落とすことができませんが、軽度なものであれば落とすことができます。

100円ですので、まずは試してみると良いでしょう。

フロントガラスの油膜取りの料金はいくら?

油膜取りは、お店に頼むこともできます。

カー用品店のオートバックスなどに作業を頼むことができ、その場合は約1600円ほどかかります。

自分で油膜取りを購入して作業するよりも値は張りますが、確実に丁寧な作業をしてもらうことができるます。

たとえば大きい車に乗っていてフロントガラスの隅々まで手が届かない、自分で油膜取りを使って作業したけれどあまりきれいにならなかったなどといった場合に利用すると良いでしょう。

車の油膜取りの最強のおすすめはどれ?

プロスタッフ 「プロスタッフ キイロビンゴールド」

市販の油膜取りのおすすめは、プロスタッフが販売している「プロスタッフ キイロビンゴールド」です。

価格は約550円とリーズナブルで、かなり評判の良い商品です。

付属のスポンジでフロントガラスに塗り込むため、作業は大変ですが、その労力に見合った効果を実感することができます。

定期的に使用するとフロントガラスの透明度が増しますのでおすすめです。

油膜取りは自分でできる!念入りに作業することが大切

フロントガラスについてしまった油膜は、市販の油膜取りを使って自分でも取ることができます。

どうしても取れない場合はお店で作業してもらうことになります。

しかし筆者は以前、キイロビンゴールドを念入りに塗り込み時間をかけて作業したらきれいになったことがあります。

金銭面が不安な方は根気よく地道に作業するのも良いでしょう。