車のオイル交換の頻度とは!交換時期の目安や交換はどこでできる?自分でやる方法も解説!

「オイル交換ってしないとどうなるの?」や「どのぐらいの間隔でオイル交換したら良いの?」などと思ってことはありませんか。

この記事では、オイル交換の必要性や頻度、交換時期や自分でオイル交換する方法などを解説していきます。

車のことが分からない方や自分でオイル交換にチャレンジしようと思っている方などへ、少しでも参考になればと思います。

スポンサードリンク

車のオイル交換の頻度や目安、交換時期は

オイル交換の目安頻度は約5000km毎になります。

車種やエンジンによって変わりますが、おおよその目安にはなります。

5000kmでオイルのみ交換、次の5000kmでオイルとオイルエレメント交換という流れです。

これを1つの目安としてみて下さい。

または、半年毎や少なくて1年に1回というのも目安になります。

拘っている方やスポーツカーなどに乗られている方は、2000~3000km毎に交換される方もいます。

5000km超えたからすぐ交換しなければならないという訳ではありません。

交換時期過ぎたけどどうしようと思い焦って整備工場などへ連絡をする方もいますが、そこまで気にしなくて大丈夫ですよ。

1000kmや2000km過ぎたからといって、エンジンが壊れたりしません。

ただし、全くの放置でオイル交換を2万kmや3万km交換していないとなると話は別です。

そこまで乗り続けるとエンジンオイルもエンジン内で消費され量が足らなくなります。

また、オイルの汚れが酷くなり最悪エンジンが壊れてしまいます。

そこまで交換しない方は、ほとんど見かけませんがそういう点には注意が必要です。

車のオイル交換はどこでできる?

オイル交換は、カー用品店や民間の整備工場、ディーラーなど様々なところでできます。

オイル交換の料金も様々で、使用するオイルや交換作業代によって変わります。

金額の安い順に、カー用品店→民間の整備工場→ディーラーとなるでしょう。

カー用品店であれば、自分で選んで購入したオイルを使用して交換してくれます。

その場で買ってその場で交換してもらえるので助かりますね。

民間の整備工場でも、予約なしで訪問しても交換してくれる所が多いでしょう。

ただし、特殊なオイル(高粘度のオイル)などは置いていない可能性もあるので注意が必要です。

ディーラーでは、純正のオイルにオイルエレメントを使用するので、1番安心ですね。

ディーラーでは、それぞれの車に対応した粘度のオイルを在庫として保有しているので、おおよそ対応可能と思います。

車のオイル交換のしないとどうなる?

オイル交換をしなければ最悪の場合、エンジンが壊れてしまいます。

オイルには、潤滑・冷却・密封・防錆・洗浄の主な5つの役割りがあります。

エンジン内部の部品に対して作用するもので、1つでも欠けてしまうと不具合が起きてしまいます。

オイル交換を怠ると、5つの役割りが果たせなくなるのです。

オイルがエンジン内で消費され量が足りなくなったり、汚れが堆積し不純物混じりのオイルがエンジン内を巡回したり、粘度が低下しサラサラになってしまったり…

とオイル交換をしないとエンジンにとって悪循環になります。

そのまま走行を続けると、最終的にエンジンが止まってしまい、エンジンを交換しないといけなくなります。

車のオイル交換に必要な道具と自分でやるやり方とは

オイル交換を自分で行う時に必要な道具は、必要な量のエンジンオイル、オイルエレメント(同時交換する場合)、オイルジョッキ、14mmまたは17mmのソケット+ラチェット、オイルエレメントキャップ(エレメント専用の工具)、オイル処理ボックス(オイル量に必要なサイズ)、フロアジャッキです。

自分でオイル交換を行う方法

①車をパーキングに入れ、サイドブレーキを引く

②ボンネットを開け、エンジンのオイルキャップを外す

③フロアジャッキをクロスメンバー中央に当て車両をジャッキアップする

④エンジンオイルパンの14mmまたは17mmのボルトを緩めオイル処理ボックスを下に置きオイルを抜く

⑤オイルが抜けたらボルトを締める

⑥オイルエレメントを工具を使用し外す

⑦オイルが抜け終えたらエレメントを取り付け締め付ける

⑧付着したオイルを拭き取り、ジャッキを下ろす

⑨規定量のオイルをオイルジョッキで入れキャップを締める

⑩エンジンを始動しオイルをエンジン内に循環させる

⑪エンジンを止め2、3分時間をおいてオイル量をチェックする

⑫オイル量が規定の範囲内にあれば終わりです

オイル交換の必要性

オイル交換は、エンジンを正常に保つために必要な作業です。

交換を怠ると、最悪の場合エンジンが故障してしまいます。

金額もあまり高くなく、交換時間も10~15分程度で終わるので交換時期になったら交換するようにしましよう。

また、自分でオイル交換をする際は、オイル処理ボックスを利用して処理をするようにしましょう。

廃油の処理をしっかりしないと、環境にも悪いので気をつけましょう。