ディーラーの持ち込み工賃相場とは!ドライブレコーダーや他社の中古車の車検、持ち込みを拒否されるケースは!

ディーラー持ち込み工賃

ディーラーへの部品持ち込み作業や車検って受けてもらえるのか?そのような疑問をお持ちのかたも多いのでは?

例えば最近ドライブレコーダーを取り付けたいという方も多いと思います。

ネットでドライブレコーダーを調べるとたくさん良さそうな商品はあるのだけど、問題は取り付け作業。

そんな時ディーラーに取り付けだけを頼むといくらかかるのか?

また部品の取り付けだけでなく車検はどうなの?

そんなディーラーへの持ち込み作業に関する疑問が解決するように、この記事ではまとめました。

1つでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

ディーラーのドライブレコーダーの持ち込み取り付けはいくら?

まずもって自身で購入したドライブレコーダーの持ち込み作業が可能であった前提の話にはなりますが、概ね作業時間が1時間程度の作業であれば、工賃は1万円前後と考えれば良いでしょう。

ドライブレコーダーにも様々種類があり、スタンダードな前方カメラのみのタイプ、またはミラー一体型のタイプ、そして後方カメラがあるタイプなど多岐にわたります。

スタンダードな前方カメラのみのタイプで電源は加工して装着するものだと、上記のような工賃1万円程度で装着が可能です。

後方カメラもあるタイプであれば2万円ほどかかる車種もあるでしょう。

このように取り付けたいドライブレコーダーの種類により工賃が上下し、取り付け部品が多いほど工賃も高額になります。

ディーラーで他社の中古車を持ち込み車検はしてもらえる?

ディーラーでの持ち込み車検は基本的には可能です。

ただ作業できるかどうかの基準は、メンテナンスができるかどうかの部分で判断します。

例えば在庫しているエンジンオイルが適合しないことや、特殊な車で作業するための工具がそろっていなかったり、そもそものノウハウがないような場合は拒否されることになります。

ですが車検はディーラーにとって大事な収入源であるため、基本的には作業を受けてもらえるでしょう。

ディーラーで車検切れの車を持ち込みや引き取りをしてもらえる?費用がいくら?

車検が切れている車では公道を走ることはできません。

なので自身で車を走らせて入庫するのではなく、引き取りをしてもらう必要があります。

このような場合はディーラーは受けてくれるのでしょうか?またその費用は?ということも気になるところ。

引き取りの可否としては、可能であることが多いです。

方法としては積載車に車を載せて運ぶという方法。

費用はその引き取り場所、また車種によって変わったり、場合によっては引き取り料は無料という可能性もあるので一度問い合わせてみましょう。

ディーラーのタイヤ交換の持ち込みはできる?工賃相場は?

タイヤの持ち込み交換も概ね可能で、車種やタイヤの種類・大きさによっては断られるケースがあります。

販売・取り扱いしている車種の標準サイズのタイヤであれば問題なく持ち込み作業を受けてもらえると考えられます。

一方でカスタムをしており、標準タイヤより大きなホイールで、かつタイヤの厚さが非常に薄いタイヤであれば、交換の難易度も上がるため断られるかもしれません。

交換工賃としては4本交換(バランス調整込み)で8千円~1万円ほどが作業工賃の相場です。

コンパクトカーであればもう少し安価で、6千円ほどで交換が可能です。

店舗によっては持ち込み交換工賃が高くなる店舗もあるため、一度問い合わせてみることをオススメします。

ディーラーで持ち込みが拒否されるケースとは

上述のように基本的な点検・メンテナンスであれば作業が可能なケースが多いですが、ドライブレコーダーやヘッドライトなどの社外品パーツの取り付け、いわゆるカスタムに分類される作業はディーラーから嫌煙されがちな傾向にあります。

理由としては作業後のトラブルに対して保証ができないところにあります。

作業後にトラブルが起きた際、ディーラーが用意した部品であれば保証で再度作業や修理が可能ですが、持ち込み部品となると、そもそも部品が不良なのか作業不備なのかの判断も難しく、また責任を負いきれない部分もあるため、最初から作業を断られることがあるのです。

他には法令に抵触する可能性があるものも拒否されます。

具体的には装着することで不正改造になりうる部品の取り付けは不可能となるでしょう。

それらの判断を自身で行うのは難しいこともありますので、作業可否についても一度ディーラーへ問い合わせてみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

最近は車の部品もネット販売が多くなっています。

ディーラーでの商品ラインナップよりも、ネットで探すほうが豊富で好みに合った物を探せるメリットがあります。

一方で車の部品の取り付けは自身ではなかなか難しい物ばかり。

ディーラーにて取り付けを依頼する場合はその可否、費用をあらかじめチェックしてみましょう!