許せない運転マナーやマナーが悪い都道府県ランキングを公開!

僕は仕事で一日中運転をしています。

そこで色んな運転手を見ますが中には本当に運転マナーの悪いドライバーがいます。

今回は僕が許せない運転マナーと各都道府県別の運転マナーの悪いワーストランキングを書いてみます。

スポンサーリンク

これだけは許せない運転マナーとは!

ほとんどの方は運転マナーやルールを守って運転しています。

今回はそれはダメでしょ、と言いたくなるような運転マナー違反をピックアップしてみました。

タバコやゴミのポイ捨て

これは絶対に許せない行為の1つです。

一般道でも高速道路でも平気でポイ捨てする奴がいます。

しかも火がついたままです。

火事が起きる可能性もあるしタイヤで踏んでしまう可能性もあります。

ひどいやつになると灰皿の中をそのまま道路で捨てる人間もいます。

ゴミもそうですが、一体誰が後で拾うと思っているのでしょうか。

自分の家にゴミを捨てられたらどう思うのか!

道路は皆んなで共有しています。

ポイ捨ては絶対にやめましょう。

パッシング

追い越しレーンを走っている時や進路変更をしようとすると後ろからパッシングをしてくる運転手がいます。

「どけどけ」「進路変更するな」というパッシングです。

まさに自己中心的な運転の極みです。

このような運転手には罰則を強化してほしいものです。

あおり運転

近年このあおり運転に関してはドライブレコーダーの設置者が増えたことによりかなり話題になってきました。

そして極めつけが東名高速のあおり運転死亡事故です。

被告名はあえて伏せますが路駐を注意された被告が腹を立て高速道路上であおり運転をしまくった挙句に道路上に停車させ、そこにトラックが突っ込んできて一家4人を死傷させた事故です。

お父さんとお母さんがお亡くなりになり子供2人が残されたとんでもない事件です。

被告に当然実刑がくだりましたが僕的には全然納得のいかない甘い判決だったと思います。

しかしあのようなあおり運転や道路上で車を停車させる行為は実は昔からあったんです。

それでも今回このような事件が起きたという事は国全体でもっと真剣に取り組まないといけない課題なのではと思います。

東名高速で煽り運転を繰り返したあげくに高速道路の追越車線に車を停車させ死亡事故に繋がった事件の被告に懲役18年が言い渡されました。 被...

指示器を出さない

進路変更や右左折時に指示器を出さないドライバーがいます。

こちらも走っていてびっくりしますし、かなり危険な行為です。

何故指示器を出さないのでしょう?

めんどくさい?後ろに車がいなかったから?

そんな問題ではありません。

方向指示器を出さずに進路変更や右左折をするのは立派な交通違反です。

必ず指示器は出しましょう。

あいさつ、お礼無し

細い道でのすれ違いや道の譲り合いでお気遣いを頂いた相手にあいさつやお礼の会釈などを一切せず無視していくドライバーがいます。

別にお礼をして欲しくて譲ったわけではありませんが、大人としてどうなのかなと思うんです。

交通社会は最低限のマナーや譲り合いで成り立っています。

お礼は必ずしましょう。

運転手同士では学校では教えてくれない暗黙のルールやマナーがあります。 ハザードやライトの使い方にも使い方によっては意味が変わってきます...

運転マナーの悪い都道府県ランキング

日本自動車連盟「JAF」が交通マナーに関してアンケート調査を平成28年に実施しました。

運転マナーの悪い都道府県別のランキングです。

調査の結果は以下の通りだったようです。

1 香川県
2 徳島県
3 茨城県
4 沖縄県
5 福岡県
6 愛知県
7 大阪府
8 岡山県
9 福井県
10 山梨県

1位の香川県ではなんと80%の方が運転マナーが悪い、とても悪いと回答しているようです。

我が大阪府もしっかりとランクインしていました^_^;

この調査は実際に住んでいる方の意識調査のようで、他府県のドライバーが走っていて感じる交通マナーの悪い都道府県別ランキングではないようです。

つまり僕は香川県を走っていて香川が最悪と感じた事はないですが、県民の方がそう思われているということです。

実際には我が大阪府もそんなに交通マナーが良いとは言えません。

交通マナーの良いランキングにランクインできるように府民皆んなで取り組まないといけませんね。

さいごに

今回は僕が許せない運転マナーと交通マナーが悪い都道府県別ランキングについて書いてみました。

普段から道路を走っていると交通マナーの悪いドライバーは非常に多く、僕自身も気を付けないとなと感じています。

交通マナーや交通ルール違反は時には大きな事故を招きます。

社会全体で取り組まないといけない課題の一つですね。

スポンサーリンク