車の頭金の相場はどれくらい?ローン組むなら頭金なしだと大損する?いくらくらいが妥当なのか!

頭金の相場はどれくらい

クルマを購入する際、ローンを組む時に頭金の支払いがあります。

頭金は、1万円でも頭金には変わりませんが、実際どの程度の頭金を用意すればよいかはクルマによって変わってきます。

また、頭金を用意しなくてもカーローンを組むことも可能なことを知らない方もいます。

そこで、ローンを組む場合、頭金をどの程度用意すればよいのかそして頭金を用意しないと損するのか詳しく解説します。

スポンサードリンク

車の頭金を払うメリットデメリットは

クルマの購入で頭金を支払うときは、カーローンを組むときです。

頭金は、クルマの購入金額の一部を現金で充当することなので、ローンを組む金額を減らすメリットがあります。

頭金によりローンの支払い総額を減らせられるので、支払回数を少なくできるほか支払う金利も少なくできます。

また、頭金を支払うことで、総借入額をすくなくできることからローンが通りやすくなる場合があることや、ワンランク上のクラスのクルマも購入できるでしょう。

デメリットとしては、頭金を用意するまでクルマの購入ができません。

しかもまとまったお金が必要なので、資金が減少してしまいます。

資金は、もしもの時のために必要なお金なので、頭金に過度に充当してしまうと後で後悔することにもなりかねません。

車の頭金は絶対に必要?

頭金は絶対に必要というわけではありません。

頭金を支払うローンは、販売店が斡旋するカーローンの場合なので、銀行でのローンなら頭金の用意はいりません。

クルマ販売店のローンでは、ローンを組む時に頭金をどうするか、そしていくらにするか販売店と話し合います。

しかし、銀行でのローンは、販売店に支払う金額は一括払いになるので、販売店に頭金を強制されることもありません。

どういうことかというと、銀行でローンを組む場合、販売店から見積もりを作ってもらいます。

そして、最寄りの金融機関に見積もりを持参し、ローンの審査をしてもらいます。

もちろん、見積もり金額の範囲内ならいくらでも申請可能なので、見積もり金額全てを銀行でローン申し込みもできます。

その反対に、販売店でのローンは、販売店が加盟している信販会社との取り決めによりローンを斡旋しています。

そのため、クルマ購入時に頭金を入れなければローンが組めない場合があります。

車のローンは頭金なしだと損?

クルマのローンを頭金なしで組むと、クルマの購入金額全てがローンになるのでかなりの金利がかかってきます。

そのため、ローンを組むなら少しでも頭金を入れて、借入金額を下げてローンを組むのが賢い方法です。

よって、頭金なしでのローンは総支払額から考えれば損といえます。

ただし、頭金が多い方が良い気もしますが、あまり多くの頭金を用意すると、その先の生活に必要な資金を使い果たしてしまう恐れもあるので、頭金を入れる金額には注意が必要でしょう。

車の頭金はいつ払う?

頭金の支払いは、店舗により異なるほか、購入するクルマのタイプで異なります。

例えば、クルマの納車が1年以上先になるようなクルマの場合、頭金は納車前に支払うことが一般的ですし、すぐ納車されるような場合は納車のタイミングでの支払いになることがほとんどです。

そこで、一般的な頭金の支払いを見てみると、契約時に頭金を支払い契約完了となるパターン、納車と同時に頭金を支払う場合、そして頭金を支払うことで納車される場合の3パターンです。

この中で、頭金を納車と同時に支払うパターンが多いでしょう。

しかし、中古車販売店や新車ディーラーの営業方針もあるので、詳細は契約時に確認することをおすすめします。

車の頭金はいくらからOK?

クルマの頭金は1万円でも頭金に変わりがありません。

そのため、理屈的には1万円でも2万円でも頭金として認められます。

しかし、販売店によって最低いくらからと決められている場合があるので、詳しくはクルマを購入する販売店に聞いてみましょう。

車の頭金の相場はどれくらいが妥当?

クルマの頭金の相場は支払総額の20%から30%程度と言われています。

この支払額は、購入者側が決めるのではなく、基本は販売店側で指定してきます。

というのも、販売店が用意するローン会社では、頭金の最低額が決められている場合があるからです。

とはいっても、頭金を用意するしないはユーザーの自由なので、本来は1万円でも頭金には違いはありません。

頭金をいくら用意すればよいかは、実際購入する販売店と相談しましょう。

もしあまりにも高い頭金を要求するなら、銀行でマイカーローンを考えるとよいでしょう。

250万円の車を頭金有りと無しで購入した場合のシミュレーション

総支払額250万円のクルマを金利4%の60回払いで頭金なしで購入すると、毎月の支払額は46,000円程度です。

もし頭金を20%の50万円用意すれば、200万円のローンになります。この場合、同じ条件で毎月36,800円程度です。

そして30%の頭金として75万円用意すると175万円のローンになるので、同じ条件での毎月の支払額は、32,200円程度です。

このように、20%用意するだけで毎月1万円も支払額が変わり、さらに30%用意できるなら14,000円近くも支払額が変わります。

クルマの頭金は先の生活を考えて決めよう

クルマの頭金を用意すれば、毎月の支払額を抑えられますが、その分手持ち資金が減ってしまいます。

手持ち資金を大幅に減らす頭金が必要ならば、生活の先々を考えて頭金は用意しない方が安全です。

クルマを現金購入や自己資金を頭金で多めに用意すれば、余分な金利を支払わずに済むメリットがありますが、実際富裕層ほどローンを組んで自己資金を手元に残しています。

それは自己資金を使うことはいつでもできますが、そこまで貯めるにはかなりハードルが高いことと、自己資金は使ってしまうより投資などのもっと有意義な使い方を選びたいからです。

頭金で、後の生活の圧迫を避けることを考える前に、総支払額を落としたクルマに変えるのが賢明な購入方法でしょう。