軽貨物ドライバーは稼げる?給料や年収、給料明細を暴露!

軽貨物ドライバーは稼げる?

軽貨物ドライバーの仕事とは、一体どういった仕事内容なのか気になる方もいるはず。

初めてこの仕事について耳にする方もいるでしょう。

もらえる給料や年収、給料明細についても気になります。

今回の記事では、軽貨物ドライバーは稼げるのかについてと、もらえる給料、年収、給料明細について解説します。

軽貨物ドライバーの仕事に興味のある方や仕事探しをしている方は、この記事を参考にしてください。

スポンサードリンク

軽貨物ドライバーの給料や年収はいくら?

一般的にもらえる給料は、20万円~40万円の方が多いです。

通常のトラックドライバーと比べても、そこまで変わりはないです。

年収については、240万円~480万円が平均で、生活費レベルまでは稼げます。

また、軽貨物ドライバーは企業から雇われてそこから収入を得るという仕組みではなく、個人事業主として扱われます。

相手と契約するときも自身で行い確定申告も自身で行わなければいけません。

月々の給料には、困ることはありませんがこの仕事をやるには、責任は全て自分で取らないといけませんので、気をつけることです。

軽貨物ドライバーの最高月収はどれくらい?

最高月収は、約100万円です。

最高月収の約100万円を目指すにはとても難しいことですが、仕事量を多くこなせば100万円も不可能ではありません。

実際に、100万円を稼いでいる方もいますので、多く稼ぎたい方は目指してみると良いでしょう。

会社で雇ってもらうよりも、個人事業の方の方が目指しやすいのが事実です。

仕事を取りにいくときは大変ですが、最高月収まで目指したい方は、ぜひチャレンジしてください。

軽貨物ドライバーの給料明細は

給料明細については、軽貨物ドライバーの場合、個人事業主ということなのでボーナスは付きません。

退職金も付かないのもデメリットですが、たくさん働けば基本給は多いのでそこまで困ることはありません。

給料明細に控除額と書かれているところがありますが、控除をして節税対策もしましょう。

実際に、軽貨物ドライバーをやっている方の給料明細は、控除額を多くしている方が多数です。

節税対策を理由に控除額を多くしているようです。

さらに軽貨物ドライバーの給料明細について詳しく知りたい場合は、SNSで公開している方もたくさんいますので、そちらもチェックしてみてください。

軽貨物ドライバーの年間休日について

年間休日は、シフト制で雇う企業もあれば土日祝日を休みにする企業もあります。

自分のペースで仕事をしたい方は、シフト制の企業が良いです。

シフト制の良いところとしては、連勤が少なく休みの日でも混雑気にすることなく出かけやすいです。

土日祝日休みを選ぶときは、生活リズムに支障が出づらいですが連勤が多くなってしまうのが、デメリットです。

トラックドライバーの年間休日とも比べてみると、シフト制で休めるか休めないかの違いで、軽貨物ドライバーは、休みの取り方が色々とあります。

軽貨物ドライバーの評判とは

軽貨物ドライバーの評判は、良い評価が多いのが特徴的です。

実際に、その仕事で稼いでいる方が近年、多くなってきているため評判が良いのでしょう。

ただし、悪い評価も一部あります。

悪い評価の例としては、取引先の会社との相性が悪くて稼げないという理由やボーナスや退職金がもらえないなど優遇されづらいのも理由です。

良い評価もあれば悪い評価もありますので、その仕事で働くときは評判をしっかり見ないといけません。

評判を見てから、軽貨物ドライバーで働こうか決めることです。

スポンサーリンク