自販機補充ドライバーの仕事内容とは!給料や年収、必要な資格は何?仕事がきついって本当?

自販機補充の仕事内容

外出している時に、喉が渇いた際に手軽に飲料を購入することができる自動販売機、いつでもどこでも利用できるのでとても便利ですよね。

様々な飲料を購入することができる自動販売機ですが、この自動販売機の中身の補充を行う仕事があり、それが今回紹介する自販機補充ドライバーです。

今回の記事では、「自販機補充ドライバーって町中でもよく作業しているのを見かけるけど仕事内容ってどんな感じ?」「自販機補充ドライバーの給料とか年収はどれくらい?」などの気になる部分を徹底解説していこうと思います。

求人で見かけて気になっていたという方や、仕事探しをしている方もぜひ参考にしてくださいね!

自販機補充ドライバーを狙うならおすすめの転職サイトはこちら!

未経験者でも大丈夫かなぁ... 運送業はブラック多いって聞くけど大丈夫かな... 今の会社よりいい運送屋ないかな... あの運送会...

スポンサードリンク

自販機補充ドライバーの仕事内容とは!

自販機補充ドライバーの主な仕事内容はルート配送と補充作業です。

自販機補充専用の車両を運転して、指定された自販機を一日20件ほど回り、減っている飲料の補充や売上金の回収などの作業を基本30分程度行ってすべて終了したら会社に戻り、次の配送の準備を行い、それらを完了すれば自販機補充ドライバーの一日は終わります。

ルート配送とあるように道はほぼ固定化されているので、一度道を覚えてしまえば迷ったりする心配などもありません。

また、ルートをどう回るかはドライバーに一任されているので、ルートを自分で考えてより効率のよい順番で回ったりすることも大事と言えます。

自販機補充ドライバーに必要な資格について

自販機補充に使用される車両の多くは中型トラックに分類される車両となっているので、中型免許の取得は必須と言えます。

会社によっては、全額負担で免許の取得を支援してくれる場合もあるので、求人の情報や面接の際に聞いておくと良いでしょう。

また、MTの普通免許を取得していれば合宿免許を利用することによって約10日で中型免許を取得することも可能なので、自身のスケジュールなどを考えて最適な取得方法を考えておくといいでしょう。

自販機補充ドライバーの仕事はきつい?

かなり時間に追われやすい仕事でかつ力仕事なども多くあるので、体力に自身がない方などにはかなりきつい仕事と言えます。

また、基本的にはその日に補充するすべての自販機を回るまでは仕事を終えることができないので、渋滞に巻き込まれてしまった際や、天候などの影響で時間がかかってしまうと、かかってしまった分帰る時間は遅くなってしまいがちです。

前述のとおり、かなりの力仕事なので、怪我などには十分注意して行う必要があります。

特にペットボトルのケースなどは、物によっては10kg以上の物も存在するので、持ち方などを工夫して自分も商品も傷つけないように慎重な作業を心がけましょう。

自販機補充ドライバーの給料や年収はいくら?

自販機補充ドライバーの平均年収はおよそ200万~350万円ほどで、給料としては月15~25万円ほどとなっています。

物流ドライバーの平均年収が350万~450万円ほどなので、それらと比較すると、自販機補充ドライバーの年収は少ないと言えます。

トラック運転手で年収アップをするならこちらの記事に詳しくご紹介していますのでご確認下さい。

>>トラック運転手で年収600万!簡単に収入が60万以上アップする3つの方法!

自販機補充ドライバーに向き不向きな人とは

まず体力に自信がある方が向いていると言えます。

前述の通り、かなりの力仕事を長時間行うことになるので、逆に体力や力仕事に不安がある方は向いてないと言えるでしょう。

次に道に詳しいもしくは道を覚えるのが得意な人です。

ある程度のルートは会社が作ってくれるものの、渋滞などを避けることができる道をあらかじめ知っていたり、より効率よく回ることができるルートを作成できれば、帰る時間が遅くなってしまうという事態などを回避することもできます。

反面、道に迷いやすい人や、道の把握が得意ではない人は向いてないと言えます。

最後に慎重かつ丁寧な仕事ができる人です。

扱う荷物が商品なので、物の取り扱いを丁寧にできる人や、売上金の回収や計算などの絶対ミスをしてはだめな仕事も冷静に遂行することができる人は向いていると言えます。

対して、焦りがちな人や細かい作業が苦手な人には向いてないと言えるでしょう。

自販機補充ドライバーの口コミ評判とは

肯定的な声としては、「一人で黙々とできる仕事なので気がとても楽でいい」という声や「体を使う仕事が好きなので、やりがいがあって楽しい」という声もありました。

他にも、「自分で自販機にセットした商品が売れていると、とても嬉しいと感じて、たしかに力仕事とかは大変だけど仕事が楽しくなった」という声も。

批判的な意見としては、「自販機に飲料を補充するだけの仕事なので、道には詳しくなれるけど学べるものはあまり無い」という声や「とにかく体力を消耗するので、疲れすぎて仕事終わりはほとんど動けなくて何もできなくなってしまう」という声も多かったです。

運転手の情報収集ができるおすすめのサイトはこちらから

リクルートエージェントアドバイザー

最近ほとんどのドライバーがやっているのがネットを使った情報収集です。

いま転職する気がなくそのうち自分で探そうと考えている方も転職サイトには絶対に登録しておいた方がいいです。

なぜなら、会社が嫌になりストレスや疲労がたまり限界に達すると就活はもちろん転職サイトに登録する気力すら無くなるからです。

気になる企業や求人情報をストックしておくだけでも【転職という選択肢】があれば安心だし、過労で倒れたり精神が病んでしまう前に転職という手が打てるようになります。

求人サイトの登録は無料でできるし、しつこい勧誘や担当からの電話等は一切ありません。

あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くのでいつでも転職できるぞ、と精神的に余裕ができます。

今は転職できなくても登録だけは絶対にしておくべきでしょう。

ライバルドライバーは皆やっています。

ライバルより良い会社を見つけましょう。

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめはこちらです。

登録は無料で簡単にできます。

業界最大手のリクルートが運営している日本一信頼できる転職サイトです。

リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ>>

まとめ

今回は自販機補充ドライバーについて解説をしていきました。

長時間の運転と力仕事の連続なので、かなり過酷できつい仕事という印象を抱く方もいると思いますが、補充中にお客様に感謝されたり、自分が補充した飲料が売れていた時の嬉しさとやりがいは他の仕事よりもあるかもしれませんね。

今回の記事を自販機補充ドライバーの求人応募の動機や、仕事探しの参考にしていただけると嬉しいです!