車の定期点検は義務?点検期間や費用、かかる時間はどれくらい?

定期点検は義務?

車の定期点検の必要性を理解してない人は案外多いのではないでしょうか。

定期点検を疎かにすると、車の不具合に気づくのが遅れたり、故障が起こったりする可能性があります。

この記事では、車の定期点検は義務なのか、点検の必要性、点検期間や費用などを解説していきます。

車検は受けないといけないというのは、みんな理解していると思いますが、点検も案外大切なものなんですよ。

定期点検についてあまり考えたことないと思いますが、この記事を読んで少しでも点検の必要性が伝わればいいなと思います。

スポンサードリンク

車の定期点検は義務って本当?

車を使用する人には、道路運送車両法 第48条(定期点検整備)により点検を受ける義務が明記されています。

定期点検には、自家用車には法定12ヶ月定期点検整備、法定24ヶ月定期点検整備(車検)が適応されます。

他にも、法定3ヶ月定期点検整備、法定6ヶ月定期点検整備などがありますが、これはタクシーやバスなどの事業用の車や貨物車などが該当します。

このように、車を使用する人には定期点検が義務付けられています。

12ヶ月点検と24ヶ月点検(車検)は、別物になります。

12ヶ月点検は、車が故障なく安全に走れるかどうか点検するというものです。

24ヶ月点検(車検)は、保安基準に適合するか確認し、適合しない場合は整備を行い検査を行うというものです。

12ヶ月点検と24ヶ月点検は、点検項目も異なります。

24ヶ月点検にあって12ヶ月点検に無い項目などもあります。

ただ、12ヶ月点検を受けなくても罰則はありません。

しかし、車が正常に走る、止まる、曲がるなどの機能を果たすためにも日常点検や定期点検がとても大切になってくるのです。

車の定期点検の期間は

車の定期点検の期間は、自家用車、事業用などて異なります。

自家用車は、12ヶ月点検、24ヶ月点検(車検)が義務付けられています。

車検は、24ヶ月点検の2年毎です。

事業用車は、3ヶ月点検、6ヶ月点検とあります。

車検は、12ヶ月点検の1年毎です。

それぞれ用途によって、点検項目や定期点検期間が異なりますので注意してください。

車の定期点検はどこでできる?

定期点検は、ディーラーや整備工場、カー用品店、ガソリンスタンドなど様々な場所で受けることができます。

点検項目に関しては、法律で決められているので変わりませんが、費用や日数などが異なってくると思います。

2021年10月1日より定期点検の際には、OBD診断が義務付けられました。

これにより、OBD2コネクターより診断機を接続しコンピューターを診断した後、故障メモリーを確認するという作業が追加されました。

整備工場やカー用品店などでも診断機は所有していると思いますが、やはりディーラーの方が専用設計されているためより詳しく診断ができます。

しっかり診てもらいたい方は、ディーラーでの定期点検をオススメします。

少しでも安く済ませたい方は、整備工場やカー用品店などでの定期点検をオススメします。

車の定期点検の費用の相場はいくら?

定期点検の費用は、12ヶ月点検、24ヶ月点検で異なります。

12ヶ月点検であれば、

軽自動車で9000~12000円ぐらい

排気量1500ccまで10000~15000円ぐらい

排気量2000ccまで11000~18000円ぐらい

排気量2000cc以上だと12000~20000円ぐらい

が相場になります。

ディーラーや整備工場、カー用品店などて金額が様々です。

軽自動車と普通車とで一律で金額設定をしている整備工場もあります。

24ヶ月点検(車検)は、法定費用+車検基本整備代+交換部品や作業代となります。

車検は、法定費用なども含まれてくるため金額が高額になります。

軽自動車で5万円代~8万円ぐらいで、普通車となると7万円ぐらい~10万円以上となってきます。

これは相場になる為、交換部品などがでるとその分金額は高額になっていきます。

車の定期点検にかかる時間は?

12ヶ月点検であれば、1~2時間ぐらいかかると思います。

他に交換部品が出るようであれば、もう少し時間はかかります。

また、持ち込んだ場所により作業時間も異なりますので、依頼前に確認をすることをオススメします。

24ヶ月点検(車検)であれば、2~3日ぐらいかかります。

整備をして検査して陸運局にて新しい車検証の交付をしてもらったりするため、2~3日かかることが多いです。

45分車検や1日車検を実施している所は、作業をし検査をした後に適合標章を発行して納車をしています。

適合標章とは、保安基準に適合していますよという標章になります。

仮の車検ステッカーのようなもので期日があり、発行から2週間という決まりがあります。

その間に新しい車検証が発行され、手元に届きますので安心してください。

車の定期点検を過ぎたらどうなる?

12ヶ月点検の期日を過ぎても罰則はありません。

ただ、12ヶ月点検は車が正常に走行できるよう点検するものなので、プロにお任せしてしっかり点検してもらいましょう。

24ヶ月点検(車検)は、期日を過ぎて公道を走行していると罰則があります。

6ヶ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金といった罰則が科せられます。

違反点数も6点となり、少なくとも30日間の免許停止処分を受けることにもなります。

注意して貰いたいのは、車検切れの車で公道を走行すると罰則があるということです。

つまり、車検切れの車を車庫に入れて動かさなければ罰則はありません。

ただ、いざ車検を受けようと思った時は、レッカーやキャリアカーなどでディーラーや整備工場まで運んでもらわなければなりません。

そういった手間もあるので、車検は期日前にしっかり終わらせましょう。

車の定期点検の費用はオートバックスはいくら?

オートバックスの定期点検の費用は、店舗によって異なりますが8000円ぐらいからになります。

それに加えエンジンオイル交換やワイパー交換などが必要であれば別途費用がかかります。

総額としては1万円~2万円ぐらいが相場になると思います。

定期点検は大切です

車を安心安全に乗るためには、定期点検はとても大切になります。

車の状態を診てもらうことで、故障を未然に防げたり、どのくらいで交換時期を迎える部品があるなどの確認にもなります。

12ヶ月点検は受けなくても罰則はありませんが、定期点検をしっかり受けて車を良い状態で乗り続けましょう。