トラック運転手は家に帰れない?毎日家に帰る仕事ってあるの?

長距離運転手に未経験からの転職をお考えの方は給料面や仕事内容など気になるところだと思います。

その中でもトラック運転手って実際どれくらい家に帰れないのかも知りたいポイントの1つですよね。

今回は長距離ドライバーがどれくらいの頻度で家に帰れるのかと毎日家に帰る方法をお伝えします。

想像以上に「運送業界に強い転職サイト教えて!」「相談しやすいエージェントはどこ?」という質問やご要望がありましたので、実際に私が使ってみて良かったエージェントを下記のページでご紹介しています。

>>現役28年のベテランドライバーが使ってみてマジで良かった転職サイト!

スポンサードリンク

長距離ドライバーは家に帰れない?

実際のところ家に帰れる帰れないは会社によって全然変わってきます

2日に1回のペースで家に帰れる会社もあれば、1週間に1回の会社もあります。

酷いところでは1ヶ月以上も家に帰れないなんて会社も…

関西から関東方面の雑貨の路線便の往復だと、2泊3日で自宅に帰れます。

僕の場合はまさにこれで月曜日に出発して水曜日の朝に自宅に帰れます。

その日の夕方に出発して金曜日の朝に帰ってきます。

そして金曜日の夕方に出発して日曜日の朝に帰ってきて、月曜日の夕方まて休みという感じですね。

平均すると関西から関東方面を月に12回走っています。

休みの多い会社だと月に10回程度の出発です。

隔週で週末が連休だったりします。

これはあくまで路線便を走っている僕の場合ですが、出勤日数や家に帰れる頻度、曜日などは会社や走っているコースにより変わってきます。

長距離の運転手なら最低でも2.3日は帰れないです。

トラック運転手で毎日家に帰りたいなら!

長距離ドライバーをしているが毎日家に帰りたい。

もしくは大型のトラック運転手に転職したいけど、毎日家に帰りたいという方もいると思います。

その場合におすすめの仕事は

中距離や近距離(地場)です。

中距離の仕事は大体300キロ圏内で関西からなら名古屋や広島辺りまででしょうか。

それくらいの距離なら毎日家に帰ることも可能です。

しかし朝8時に出勤して夕方5時までという時間では難しいです。

早朝に出発したり、帰ってきたら夜中だったりと毎日は帰れるけど時間はバラバラでした。

地場の仕事は距離は走りませんが1日に何件も積んだり下ろしたりするデメリットもあります。

大手の路線会社でも管内の仕事があり夕方出勤して次の日の朝に終わります。

毎日家には帰れるけど寝るのは昼間というリズムです。

面接で絶対に聞いておきたい事とは!

どれくらいの頻度で自宅に帰れるかは給料と同じくらい大事なことです。

ご家族のいらっしゃる方には特にです。

自分だけの生活のリズムではなく家族の生活まで変わってしまうからです。

旅行や外食もそうですし、運動会などの学校行事も参加できないことも少なくありません。

ポイント 面接時には家に帰れる曜日や頻度はしっかりと確認しておきましょう。
 

家に帰れない事について思う事!

僕自身、長距離ドライバーになる時に躊躇したのは家に帰れないことでした。

彼女と会えないですからね^^;

しかし長距離に乗って20年近くなりますが今は良かったと思います。

丁度いい距離感で家族にも優しくできますから!

嫁も心配はしてくれていますが、亭主元気で留守がいいようです 笑

他のママ友からも羨ましがられるそうです。

家に帰れる運送会社の求人や探すコツとは

リクルートエージェントアドバイザー

トラックドライバーは非常に人気が高く需要のある職業です。

人手不足が続く運送業界では転職するには絶好のチャンスと言えます。
そしてどうせ就職するなら給料が高くて休みの多い会社がいいですよね。

でもそんな会社どうやって見つけるの?

答えは超簡単です。

転職エージェントに「◯◯市で給料が高くて休みの多い運送会社を探して下さい」と伝えればオッケーです。

さらに「手取りは35万以上で」「週休二日制の会社で」など細かな条件でも探してもらえます。

そして毎日家に帰りたいなら「毎日家に帰れる仕事の運送会社を探してください」とお願いすればオッケーです。

面接に行かなくてもアドバイザーがあなたに変わって給料や労働時間などの確認や交渉をしてくれます。
いちいち自分で面接に行って聞きにくいお金の話や希望する条件を聞いて回らなくてもすみます。
つまり希望する条件をお互いに確認し合っている状態で面接を迎えれるわけです。

会社もエージェントの手前、嘘はつけません。
ブラック企業の多い運送業界で非常にありがたいサービスです。

ではどこのエージェントがいいの?

運送業界に強いエージェントは「リクルートエージェント」です。

求人数も日本一なのであなたの希望する会社がある可能性が最も高いエージェントです。

自分の希望する会社や条件の合うドライバー職を見つけてくださいね。

登録は簡単で料金も一切かかりません。

>>日帰りドライバーの無料相談はこちらからどうぞ

もちろん絶対に転職しないといけないわけではありません。

情報収集にお役立てください。

さいごに

今回は長距離運転手はどれくらい家に帰れないのかをお話ししました。

自宅に帰れる頻度や曜日、休みや出勤日数は会社によって様々です。

面接の時にしっかりと確認しておきましょう。