超簡単!車庫入れのハンドルの切り方やミラーの見え方のコツとは!

こんにちは、長距離運転手のイッシーです。

大型トラックに乗ってはや20年になります。

僕はよく車の運転に対する質問をされます。

免許取り立ての初心者が必ず手こずるのが車庫入れ(バック駐車)や高速道路の合流地点です。

こればっかりは慣れるまで経験を積むしかないですが、ちょっとした方法でいきなりコツを掴めます。

今回は車庫入れのハンドルの切るタイミングやミラーの見方のポイントを説明します。

スポンサーリンク

車庫入れやバック駐車が何故難しいのか!

まず免許取り立ての初心者やペーパードライバーが何故車庫入れが難しく感じるのでしょう。

理由は2つあります。

1つはバックでハンドルを切った時に自分の車がどのような状態になっているかが分からなくなるということ!

もう1つはどれくらいハンドルを切ればいいのか分からないという点です。

おそらく前者のほうが難しく理解が必要です。

体で覚えるのが1番ですが、まずは頭の片隅に覚えとくと車庫入れがずっと簡単になるポイントを説明しますね。

ポイント1 バック時にハンドルを切ると前進の時の逆を向く

車は前進の時は右にハンドルを切れば右を向き左にハンドルを切れば左を向きます。

しかし、バックの時は逆になるんです。

つまりバックしながら右にハンドルを切れば
(あくまで車のフロントは)左に大回りしながらバックし、左にハンドルを切りながらバックをすれば右に大回りしながらバックしていきます。

ポイント2 後輪は絶対に曲がらない事を理解する!

車庫入れをしていてわけがわからなくなる人はまず落ち着いて下さい。

ハンドルを切ってタイヤが傾くのは前輪だけです。

後輪は絶対に動きません。

後輪は絶対に真っ直ぐしかむいていないのです。

前進の時もバックの時もハンドルを切っても切らなくても後輪が傾くことはありません。

前輪で車を傾けるきっかけを作ってあげるだけなんです。

なのであまり難しく考えずにハンドルを切る=前輪で傾きのきっかけや角度を決めて後輪はそれに対して真っ直ぐにしか動きません。

ポイント3 後輪が肝!車庫に後輪を入れる感じでバックする!

ポイント1とポイント2を踏まえて車庫入れの時は右バックの時は右のミラー、左バックの時はは左のミラーをみながら後輪を入れていく感じでバックしてみて下さい。

車庫入れ時のハンドルの切り方のミラーの見え方は!

車庫入れで1番簡単な方法は車庫や駐車スペースに対して車を出来るだけ垂直にしてバックすることです。

これだとほぼハンドルを真っ直ぐにしたままバックするだけです。

しかし世の中そんな広い車庫や駐車場ばかりじゃありません。

そこで車庫入れの時は目標のスペースを少しだけ通り過ぎます。

そして右バックなら右のミラー、左バックなら左のミラーを見ながらハンドルで曲がるきっかけや角度をつけながら後輪を入れていきます。

後輪が車庫に入るまではハンドルを切り過ぎると後ろのタイヤが早く寄りすぎてしまうのでハンドルを微調整しながら後輪を入れて下さい。

後輪が車庫や駐車場に入ったらハンドルを全開で切っても大丈夫です。

車が真っ直ぐになるまでハンドルを切り、真っ直ぐになればハンドルを戻しましょう。

一回で入れようなんて思わなくても大丈夫です。

うまくいかなければ何度もやり直しましょう。

車庫入れでパニックになった時の対処法

パニックになった時にやりがちなのがハンドルをむやみやたらに切ってしまうことです。

ハンドルを切れば切るほど車はどんどん寄っていき益々パニックになります。

上記でも説明しましたが後輪は絶対に曲がりません。

ハンドルを真っ直ぐにすれば車はそれ以外寄ることはありません。

もし心配なら車を一度出て自分の車の位置を確認しても良いでしょう。

バックで駐車した時に斜めになった場合は!

スーパーなどの駐車場で車を斜めにして停めている人がたまにいます。

初心者やベテランに限らずです。

これは出来るだけ駐車スペースに対して均等に真っ直ぐ止めるべきでしょう。

斜めにしたまま駐車すると他の車に非常に迷惑だし自分も出にくくなります。

多少時間がかかってでもマナーだと思うので出来るだけ真っ直ぐ駐車しましょう。

狭いスペースでの車庫入れのコツとは!

狭い駐車場での車庫入れのコツはスピードを出さないことです。

ハンドルを思いっきり切った状態でバックを開始すると無駄に車が進みません。

狭い駐車場でもう一つ気をつけておきたいのが車のフロントです。

上記の通り右バックだとフロント部分が大きく左に膨らみます。

その際に右側の後輪にばかり気を取られて左のフロント部分をぶつけてしまう可能性があります。

左バックの時も右のフロントに気をつけましょう。

まとめ

今回は車庫入れのコツや攻略法を書いてみました。

上記のポイントを理解しながら後は練習あれのみです。

自宅の車庫やガラ空きの大きなスーパーの駐車場などで練習するのがいいと思います。

スポンサーリンク