トラック運転手になると後悔だらけ!?退職理由とは?

トラック運転手は後悔だらけ?

トラック運転手になると後悔だらけなのか疑問に思う方も多いはず。

ここ最近では、トラック運転手を辞めていく方が多くいますのでトラック運転手として働いて大丈夫なのか?

トラックドライバーの退職理由も知っておきたいところ。

今回の記事では、トラック運転手になると後悔だらけになってしまうのかについてと退職理由について解説していきます。

トラック運転手として働こうか迷っている方も、この記事を参考にしてください。

スポンサードリンク

運転手の仕事はやめたほうがいい!

トラック運転手の仕事はやめた方が良い場合があります。

運転手の仕事をやめた方が良い場合についてお伝えすると、給料が安かったり残業代が支払われない、労働時間があまりにも長い会社はおすすめしません

そういった会社に就職し仕事を続けていくと、ストレスが増える可能性もありますので要注意。

自身の今現在の状況をよく考えた上で、働いていこうか決めていくことが大事。

また、私の知り合いにもトラック運転手として働いている方がいますが、その知り合いは朝早くから夜遅くまで働いていて、休みの取れる日も少ないです。

改めてトラック運転手の仕事は重労働だなと思いました。

しかし、昔よりも今は労働時間の見直しをする企業も増えてきたので、その点は大丈夫かなと感じます。

トラック運転手になって後悔した理由はなに?

トラック運転手になって後悔した理由はいくつかありますが、その中でも一番多かったのが、想像以上に肉体的に疲れるということでした

トラック運転手は、積み荷を運ぶ肉体労働が多いからです。

私の知り合いのトラック運転手は、「トラック運転手は積み荷の作業で想像以上肉体的に疲れるからおすすめしない」と言っていたのでそこから大変さが伝わってきます。

やはり、トラック運転手は運転する以外にも積み荷運びで体力消耗する方が多いです。

トラックドライバーを退職していく理由

トラックドライバーを退職していく多くの理由は、給料が安すぎるという点

トラック業界では、他の業界よりも給料が安いとよく話題になることもあります。

トラックドライバーを退職していく人は給料の面を理由に退職していく方が多いです。

退職していくトラックドライバーが多い企業では、メリットもあまりありませんので、気をつけておきましょう。

やはり、運送業界では、給料の安いところがたくさんありますので、あまり良い運送会社を見つけづらいというのも欠点。

長く働きたいのであれば、給料の良い会社を選ぶのがベストです。

その方が無理もせずにいられるので良いです。

転職に失敗しないためのコツを伝授!

トラック運転手に転職をして失敗しないためのコツは、ドライバー専門の求人サイトで募集を探したり口コミ・レビューを見てその会社で働こうか判断するのも良いです

普通の求人サイトを使うよりもドライバー専門の求人サイトの方が、企業情報が詳しく書かれていますので、ドライバー専門の求人サイトを使ってみましょう。

後は、口コミ・レビューをしっかり見ることも大事。

私も仕事を探すときは、ネットの口コミ・レビューを見て「この情報は嘘ではないか」と見極めるようにしていました。

トラックドライバーに転職をしたい方は、失敗しないためのコツをしっかりと知っておくことです。

スポンサーリンク