びっくりするくらい悪い大型トラックの本当の燃費とは!

こんにちは^ ^

現役長距離ドライバーのイッシーです。

ところで皆さん、大型トラックの燃費ってどれくらいか分かります?

普通の乗用車で燃費10/ℓ、ハイブリッド車で20/ℓくらいでしょうか。

では大型トラックだといくらなのか?

簡単に説明してみたいと思います。

スポンサーリンク

悪すぎる大型トラックの燃費とは!

実際に私の場合でのリアルな燃費を計算してみますね!

私のコースでは1往復で1100キロ走ります。

そして使用する燃料はなんと約320ℓです。

計算すると燃費は約3.43となります。

メーカー側はリッター4は伸びるといいますが、実際には燃料は走行時以外にも使っているのです。

燃費は荷物の重量や走り方でも変わってくる!

トラックの燃費は荷物の重量によってもかなり変わってきます。

空車の時と10トンの荷物を積んでいるときは燃費もかなり変わってきます。

荷物が重いと速度もたれるし、坂道でもシフトダウンして走るのでたくさんの燃料を使います。

更にトラックは止まっていてもエンジンをかけているだけで、1時間あたり約1.5ℓの軽油を消費します。

10時間かけっぱなしだと、それだけで15ℓの燃料を使うわけです。

なのでメーカーのリッター4という数字は一概に言いにくいのです。

軽油代数円アップでも大被害!

先ほども書いたように私のコースでは1往復約320ℓ使います。

仮に燃料代が10円上がると、それだけで3200円変わってきます。

月に10回だと32000円も差額だけで変わってくるのです。

トラックを100台持っている運送会社なら、なんと差額だけで320万円です。

運送業界では燃料の高騰はまさに死活問題なのです。

追伸

今回は大型トラックの燃費について書いてみました。

燃費はドライバーひとりひとりの心がけで変わってきます。

私もエコな運転で燃費の向上に貢献したいと思ってます。

スポンサーリンク