車のフロントガラスをきれいにする方法とは!水垢や油膜対策法を紹介!

スポンサードリンク

車の窓ガラスについた水垢をきれいに落とす方法とは

車の窓ガラスは綺麗な方が運転をしやすいことは当たり前ですが、1日運転に使うとすぐに汚れがついてしまいます。

特に、雨の次の日になるととても汚れが汚くなります。

クリアに見ることができなくなり、少しグレーに近いように感じるようになります。

また、水垢は雨の影響だけではありません。

そのため、水垢をゼロにすることは不可能です。

小まめな洗車が必要になっています。

汚れが目立つ前に洗車することが何よりの解決策になります。

その水垢を綺麗に落とす方法としては、カーシャンプーを使用します。

これは基本中の基本になりますので誰もがやっていると思います。

次に裏技をご紹介します。

まずは、台所洗剤を10倍ほどに薄めて使用する方法です。

薄めることがポイントになります。

また、研磨剤が入っていますので新車などにはお気をつけください。

もう一つは、お酢になります。

水垢の正体である、カルシウムなどを酸性の力を使って簡単に落とすことができます。

ここでの注意点としては、大量に酢を使わないようにしてください。

臭いが酷くなり、エアコンを使用すると酢の臭いがすることもあります。

使用量については、十分にお気をつけください。

車の窓ガラスについて油膜をきれいに落とす方法とは

フロントガラスに付着した厄介な油膜をとる方法をご紹介いたします。

油膜は油になりますので、ゴシゴシ洗っても取れないのが特徴になります。

特に、自動車の排気ガスで油膜ができますので、洗車をしないと解決しません。

一番簡単な方法は、カー用品売り場で油膜を落とす除去剤を購入することです。

比較的安く購入することができます。

そのほかの裏技もご紹介します。

一つ目は、烏龍茶です。

身近なもので手軽に手に入れることができるものになります。

烏龍茶には、油を分解する成分が含まれていますので油膜を除去することができます。

しかし、頑固なものだと効果が低くなります。

もう一つは、台所洗剤です。

上記にあるように薄めて洗車することをお勧めします。

頑固な汚れな場合は、少し濃度を高くして洗車すると大きな効果を得ることができます。

研磨剤があるので油膜の除去に効果的になります。

車のフロントガラスの内側を綺麗にする方法とは

フロントガラスの内側は、外気に触れる機会が少ないから汚れないと考えている人がたくさんいますが、実際は非常に汚れがつく場所になります。

埃やにおいから発生する汚れなどついている可能性があります。

外がわよりも油膜が多いからこそ厄介な問題になっています。

内側は、大量の水で洗い流すことが難しいこともありますので、非常に難問です。

その時は、市販で売っているガラスクリーナーが有効的になります。

スプレータイプでしっかりと綺麗にすることをお勧めしています。

車のフロントガラスの外側を綺麗にする方法とは

外側は、外気触れることがで汚れが多くなります。

特に、雨の汚れは非常に面倒です。

雨は、ゴミが集めっていますので雨の次の日は車が相当汚れることになります。

室内で車を駐車している人は、水で流すだけでも汚れは少なくなります。

しかし、外気に触れたガラスはとても汚れます。

クリーナーなどを使用して綺麗にすることが必要になります。

市販で購入できるカーシャンプーを使用すると汚れは落ちます。

おすすめは台所洗剤になります。雨汚れに加えて、排気ガスによる汚れも落とすことができます。

一石二鳥になる洗剤になります。

あくまでも研磨剤があることを忘れずに使用してください。

特に黒色の車については、細かな傷になる可能性があります。

フロントガラスの拭き跡が残らない対策法とは

拭き跡になる原因としては、2つあります。

汚れをきちんと洗い流していないことと洗剤が残っていることになります。

汚れを落としていないと拭いても汚れを伸ばしているだけになりますので、逆効果になります。

中途半端に洗うことなく最後まで洗うことを心がけましょう。

もう一つは、洗剤を流していないことです。

洗車するときに使用した洗剤などを綺麗に流さないと洗剤の成分が拭き跡となって現れます。

水でしっかりと洗い流すことを心がけましょう。

そして、拭くときのポイントとして、タオルや雑巾などの素材にこだわることです。

最近は、どこでもマイクロファイバーのタオルなどを手に入れることができます。

これを使用することがで綺麗な乾拭きをすることができます。