車の上手な買い替えのタイミングとは!車検や走行距離での買い換え時期のおすすめは!

上手な買替えタイミング

クルマの買い替えは、クルマが必要な状況が続く限りいずれ訪れます。

買い替えのタイミングは、車検であったり、走行距離や使用年数で考えることが一般的です。

しかし、気に入っているクルマであれば、年数や走行距離で買い替えを考えるのは忍びないとも言えます。

そこで、どのようなタイミングでクルマの買い替えを検討すればよいのか、詳しく解説します。

スポンサードリンク

車の買い替え時期のポイントは

クルマの買い替えを考える理由には、今のクルマに「飽きた時」「故障が多くなった」「車検が近い」などが挙げられます。

このように、買い替えを思い立った時が正に買い替え時期のポイントですが、時期を少し変えることで、お得に買い替えられます。

例えば、自動車ディーラーや中古車販売店、そして買取店では何かしらのキャンペーンを行っています。

そこで、買い替えを検討したなら、お目当てのクルマをディーラーで確認しながらキャンペーンについても聞いてみることです。

同じように買取店でもどんなキャンペーンがあるのか、そして少し待てばお得なキャンペーンがあるのか確認してみましょう。

このほか、クルマの買い替えには、新車からの経過年数や走行距離も一つの指標になるので、お得にクルマを買い替えるには年式や走行距離も考慮しながら決めたほうが良いでしょう。

車の買い替え時期の走行距離は

クルマの走行距離は、中古車市場では少ない方が人気あります。

そのため、買い替えるならできるだけ走行距離が伸びてないうちに検討したほうがお得です。

一般的に中古車市場では、5万kmを超えるとかなり値段が安くなります。

ということは、買取価格も5万kmを境に査定を下げるので理想としては5万kmを超える頃には買い替えを検討したほうがお得です。

また、走行距離がさらに伸びて7万kmを超えると買取は厳しくなるので、次に購入するクルマの資金への充当は期待できなくなるでしょう。

走行距離は、どんな人気車種でも買い替え時の買取価格に大きく影響し少ない走行距離のほうが高額で買い取られるので、クルマを乗り潰す気持ちがないのであればどんなクルマでも7万kmまでには乗り替えに動きだした方が良いでしょう。

車検における車の買い替え時期とは

車検は、クルマの買い替えの一つの目安とされています。

かつての日本では、車の買い替えを新車から最初の車検の3年目で買い替える風潮が多くありました。

しかし、今のクルマは性能が高いので、3年経っても使い方次第では新車のように使用できることから、以前よりクルマに長く乗る方が多くないました。

車検制度は、新車から初回が3年目、その次から毎回2年ごとに車検が訪れます。

そこで、2回目の車検では5年、3回目では7年経過することになり、車検を受ける回数が増えれば当然、クルマの年式もかなり古くなります。

クルマを新車から購入している場合、理想的な車検での買い替え時期は、2回目もしくは3回目でしょう。

これは、2回目では5年経過しているので、大幅なマイナーチェンジが行われる可能性があるため、値崩れが起きやすいといえるからです。

そして3回目の7年目では、フルモデルチェンジも近いことが予想されるため、そろそろ買い替えを検討しなければ旧型車となり、買取額も大幅に下がってしまうことも考えられます。

そこで新車購入した場合、車検ごとで検討するなら、2回目もしくは3回目で買い替えを検討したほうがリセールバリューを考えるとお得です。

代わって、中古車で購入している場合の車検ごとの買い替えは、車検の見積もりで高額な修理が必要と判明したときに、買い替えを検討すればコストパフォーマンスが一番高いといえます。

クルマは、いずれ大きな故障が起きる可能性があります。

そこで、車検を基本料金にプラスアルファで継続できなくなったときが買い替えを検討する時期でしょう。

無理して高額な修理費用を捻出しても、次の車検でまた大きな出費が待ち受けることも少なくないからです。

中古車の場合、リセールバリューを考えて車検での乗り替えを考えるのではなく、車検費用を目安に買い替えを検討するのが良いでしょう。

車の買い替え時期は何年がベスト?

クルマの買い替えは、新車であれば7年以内に買い替えを検討するのが良いでしょう。

そして、ある程度クルマを使用し、元が取れる時期としては5年程度乗れば次のクルマを考えても損しません。

例えば、クルマをローンで購入したときに、3年や5年でローンを組む方がほとんどです。

つまり、5年経てばクルマのローンもすでに終了し、いつでも自由に売却できる状態になっていますから、5年は買い替えにちょうど良いと言えるでしょう。

中古車で購入した場合、人それぞれ状況が異なるので何年がベストとは言い切れません。

しかし、5年落ちのクルマでも5年乗れば10年落ちのクルマであり、クルマの価値はありません。

また3年落ちのクルマの場合も5年乗れば8年落ちなので、同じく価値はほとんどないと言ってよいでしょう。

そのため中古車は、リセールバリューを気にして買い替えを検討するのではなく、クルマの故障が増えてきたら買い替えを検討するぐらいの気持ちのほうが良いといえます。

ただし、最近のクルマはメンテナンスをきちんと行っていれば、10年経っても問題なく走行できるので、人それぞれの状況を考えながら買い替えを検討するのがベストです。

一般的な車の買い替え時期の平均は

クルマの買い替えは、年々長くなっています。

これは「一般社団法人 自動車検査登録情報協会」が公開しているデータを見ても明らかです。

情報を見ると令和3年3月末の平均車齢は8.84年でした。

これは新車登録から4回目の車検前に乗り替えしていることになります。

公開しているグラフを見ると、1990年代を境に、平均車齢がぐんぐん伸びており、クルマの保有年数が年々伸びていることがわかります。

これは、1991年に始まったバブル崩壊と、日本車が高性能になったことが理由と考えられます。

このように、一般的に3回目の車検が終わると、そろそろ買い替えを考える方が多く見られますが、クルマの使用状況は人それぞれ大きく異なります。

1年間の走行距離が3万km以上の方もいますし、逆に5,000kmにも満たない方もいます。

平均的な買い替え時期は、あくまでも目安であり、買い替えは自分の置かれている状況と、クルマの状態を考えつつ決めるのが良いといえます。

クルマの買い替え時期は人それぞれ異なる

クルマの買い替えは、人それぞれ状況が異なるので、周りが買い替えるから自分も同じように買い替えようと考える必要はありません。

クルマの性能は日々良くなっていますから、20年や20万km以上走行しても、全く問題ないのが今の国産車です。

買い替えは自分で思った時にするのがベストです。

今より気になるクルマが現れ、今のクルマに不満が出たなら買い替えを検討するとよいでしょう。