車のエンジンブレーキで燃費が上がる?メリットデメリットや使いすぎるとどうなる?

エンジンブレーキで燃費が上がる

「エンジンブレーキ」名前は聞いたことがあってどんなものかはわかっているけど実際どんなメリットデメリットがあるのかわからないかの方が多いと思います。

エンジンブレーキとは、エンジンの出力を絞ることによって発生するエンジン回転の抵抗によって減速させることを指します。

アクセルペダルから足を離しただけで減速したこと日常で自動車を運転する中で感じていると思います。

それがエンジンブレーキです。

通常はそこからフットブレーキを使用して制動するという流れを日々の運転の中で無意識的に行なっている方が多数だと思います。

今回はそんな「車のエンジンブレーキ」について解説していきます!

スポンサードリンク

車のエンジンブレーキのメリットは?

エンジンブレーキを使用することで得られるメリットは2つあると思います。

まず、フットブレーキはディスクブレーキの場合は摩擦材でローターという円盤状の金属を挟み込むことで、ドラムブレーキの場合はドラムという蓋の側面に摩擦材を押し当てることで回転しているタイヤを減速させます。

この構造からブレーキを使用するとものすごい熱を帯びます。

坂道を下るときなどにブレーキを多用すると過剰な発熱により摩擦材の摩擦係数が小さくなる「フェード現象」や熱によってブレーキの作動油内に気泡ができてしまう「ベーパロック現象」が起こり、ブレーキが効かなくなるというようなとても危険な状態になります。

エンジンブレーキを併用することによってフットブレーキ使用時の発熱を抑えられるのが1つ目のメリットになります。

2つ目はエンジンブレーキとフットブレーキを併用することによってブレーキの摩擦材の減りを少なくできる点です。

車のエンジンブレーキのデメリットとは?

エンジンブレーキを使用する上でのデメリットは2つあります。

1つ目はエンジンの抵抗を利用して減速する仕組みからシフト操作のミスなどによって急激に回転数が上がってしまった場合にエンジン内部にダメージが入ってしまう点です。

気をつけていただきたいのはマニュアルミッション車でのシフトミスです。

オートマチック車はエンジンブレーキの通常使用でエンジンの負担になるということはないので気にせず使用して大丈夫です。

2つ目はエンジンブレーキ中のブレーキランプは点灯しないという点です。

後続車との距離が近い時にエンジンブレーキでのみで減速しようとした場合、後続車のドライバーは減速に気づかず事故が起きてしまう可能性がありますので、後続車との距離が十分に離れている時に使用してください。

車のエンジンブレーキで燃費が上がる?

結論から言うと、少しですが燃費は上がります。

エンジンブレーキ中は、エンジンコントロールシステム内の「減速時フューエルカット」という制御が働いて、燃料の噴射を止めますので燃費が上がるという仕組みになっています。

車のエンジンブレーキを使いすぎるとどうなる?

通常の使用であれば特別使いすぎることによる不具合はありませんが、デメリットの項でも触れたように、マニュアルミッション車でシフト飛ばしによってエンジンブレーキを使用した場合はエンジンが高回転になり過ぎてエンジンに負担を掛けてしましますので注意してください。

車のエンジンブレーキ時に異音した時の対処法は?

エンジンブレーキ使用時に、いつもと違う「ウィーン」という唸り音や「ガラガラ」などの金属同士の打音などがした場合はエンジンブレーキの使用を控えて、速やかに整備工場での点検をしてください。

そのまま使用してしまうと、エンジンの故障やミッションの故障につながり、最悪の場合修理費用が何十万もかかってしまう可能性もあります。

オートマチック車のエンジンブレーキのやり方は?

マニュアルミッション車の場合シフトダウンを行うことで、強いエンジンブレーキをかける事ができます。

オートマチック車でも同じようにシフトダウンしてあげれば強いエンジンブレーキをかける事ができるという事ですね!

あれ?でも「オートマチック」だから全部自動なんじゃ?と思った方もいると思いますが安心してください。

オートマチック車でもシフトダウンする事ができるのでやり方を紹介しますね。

普通、街中を走行するだけじゃ使う機会は少ないと思いますが、皆さんの車のシフトレバーのところを見ていただくとDの下に、AT車の場合は「2と1」や「D2とL」の表記が、CVT車の場合は「SとB」の表記があります。

このDから下の部分にシフトレバーを動かす事でいつもより低いシフトで走行できますので、より強いエンジンブレーキをかける事ができます。

ただし、注意点としてはDで走行中に急にシフトを変えると速度によっては急激にエンジンブレーキがかかって、急ブレーキをかけた状態になってしまい危険ですので低い速度域でシフト操作を行い、アクセルから足を離す事でエンジンブレーキをかけるようにしてください。

車のエンジンブレーキまとめ

今回は「車のエンジンブレーキ」について解説しました。

いかがでしたでしょうか?名前は聞いたことあるけど詳しくは知らなかったという方が多いのではないでしょうか?

日頃から、フットブレーキと併用することによって少しの燃費向上と、ブレーキ部品への負担軽減になることがわかったと思います。

皆様もぜひ、使用してみてください!