酒気帯び運転の再犯は積みが重い?免許取り消しはいつから?初犯の罰金はいくら?

酒気帯び運転の免許取り消し

近年、飲酒運転による痛ましい死亡事故が急増しています。

飲酒運転撲滅を訴える側の警察官や、教師、公務員なども多く一瞬の気の緩みから飲酒運転をし取り返しのつかない事件を起こしています。

今回は飲酒運転の免許取り消しはいつからなのか、酒気帯び運転の再犯は罰金が増えるのかなどについてお話をしていきますので、ぜひ最後まで読んでください。

スポンサードリンク

酒気帯び運転の免許取り消しいつから?

酒気帯び運転は、再犯率も高いこともあり思い罰則を課されることになります。

また、近年では重大な事故に直結していることもあり、罰則や取り締まりが厳しくなっています。

まず、2週間前後で意見の聴取通知が行われます。

弁明の余地を与えられることになっています、減刑される可能性もありますが、可能性はかなり低いものになっています。

その後、出頭要請通知書が届きます。出頭した時から停止期間が開始されます。

その期間が終わるまで運転することができません。

そういった手続きなどを行うため、大体2ヶ月くらいで免許取り消しになります。

欠格期間が開始されることになります。

酒気帯び運転免許取り消しが軽減される可能性はある?

場合によっては、軽減されるケースがあります。

これまでのケースとして、薬など影響でアルコール反応があった場合などです。

昔では、車で来ているのを知っているお客さんに居酒屋の店長が酒を出したということで軽減されたケースなどもあります。

弁護士などの協力で戦えば可能性はあります。

しかし、ほとんどの場合は認められません。

また、最近ではあらゆる事情でも飲酒運転に対しての罰則が厳しくなっていますので居酒屋や医者なども十分に気をつけて営業をしています。

そのため、そういった事例が少なくなっています。正当な判決を受けることがほとんどです。

また、アルコールの量で多少処分が緩くなることはあるみたいです。

その例として、前日のお酒が残っていた場合です。

朝まで飲んだという場合ではなく22時まで飲んでたが体の中に成分が残っていたときです。

場合によっては取り消しよりも免停になる可能性が高いです。

これも絶対とは言えません。

お酒を飲んだら運転をするなを徹底することが必要不可欠になります。

前日のお酒の量にも中が必要になります。

酒気帯び運転で一発で免許取消?

前歴や前科がない人は、取り消しではなく免停になります。

しかし、過去3年間で違反を違反をしていると取り消しになる可能性もあります。

例えば、0.15?0.25mgの場合は、点数が13点になりますので、免許取り消しではなく90日間の免停になります。

この場合は、前科がない場合に限ります。

前科や前歴があると点数の基準が変わりますので注意してください。

酒気帯び運転で捕まったあとでも免許再取得はできる?

可能ですが、取り消し違反者講習などを受講する必要があります。

この講習を受講することがで修了書が発行されて免許再取得が可能となります。

講習は、欠格期間前後で受けることができます。

原則連続2日で合計数十時間に及ぶ講習になっています。

また、当然ではが少し厳しい講習となっていますので軽い気持ちで受講することがないようにしないといけません。

再取得には、25~30万円の費用がかかることになります。

お金と時間の無駄になりますので、免許取消にならないように安全に運転することが必要にです。

再取得でも「技能」と「学科」があります。

仮免許制度もありますので取得にも時間がかかります。

一発試験もありますが、この場合はかなりハードルが高いのです。

相当な運転技術がないと合格することはできません。

費用が5万円程度ですので教習所よりも安く取得が可能となります。

酒気帯び運転の再犯は罰金が高くなる?

酒気帯び運転の刑罰は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。

違反点数については以下の通りです。

・呼気のアルコール濃度が0.25㎎以上の場合 ⇒ 25点(免許取り消し・欠落期間2年間)

・呼気のアルコール濃度が0.15㎎以上の場合 ⇒ 13点(免許停止90日間)

となっています。

状況によっても変わってきますが、初犯の場合であれば酒気帯び運転の罰金は30万円~40万円の間と考えられています。

また、再犯の場合は罰金が増えるもしくは、懲役刑になる可能性が大いに考えられます。

酒気帯び運転の罰金 初犯はいくら?

飲酒運転の罰金は初犯の場合、正常に運転ができない状態で運転している場合の酒酔い運転で約60~70万円程となり、呼気アルコール濃度が規定の数値以上で、運転自体は正常な場合の酒気帯び運転だと、約30~40万円の罰金が課されることになります。

この金額はあくまで初犯の場合の金額で、再犯してしまうと罰金が初犯のときよりも大幅に増額する可能性もあるので、絶対に飲酒運転は辞めましょう。

酒気帯び運転を無くすための対策とは

簡単な方法として、お酒を飲まないことです。

お酒を飲んだら運転をしなことを心がけていてもお酒を飲むと判断能力低下します。

その結果、ちょっとくらいならば運転してもいいだろと軽く考えることになります。

そうならないように、お酒を飲まないことが一番の特効薬になります。

しかし、お酒が好きな人もいると思います。

そんな人は、からなずアルコール探知機を持つことをお勧めします。

特に車に入れておくことをお勧めしています。

二日酔いの時などに測ると事前に数値を知ることができますので安心して車に乗ることができます。

体内のアルコールを知ることができます。

社会的に言うと、周りの人が許さないことが大切です。

特に飲食店で車の運転の可否を確認することができます。

年齢は確認するのに運転は確認しません。

特に、コンビニなどでも運転しますかなど聞かれることはありません。

そういった社会全体で撲滅してくことが必要になります。

そして、車メーカーに対しては、これだけ技術g発達しているからこそ、お酒の匂いを感じるとエンジンがかからないような仕組みを取り入れることを望んでいます。