ディーゼル車にガソリンを入れてしまった時の修理代はいくら?保険は使える?

ディーゼル車にガソリン

近年新型車にもディーゼル車のラインナップが再び増えてきています。

背景には技術の進化もあり、ディーゼル車の課題であった排気ガスの汚れをクリーンにできていることが言えます。

またディーゼル車は燃料を軽油とするため、ランニングコストの安さがメリットとしてあげられます。

そんなディーゼル車ですが、その燃料に軽油を入れなければならないところを、謝ってガソリンを入れてしまった!といったトラブルが多く発生しています。

そのような時一体車はどうなるのか?修理は必要なのか?その修理代は?

など、不安となる疑問はたくさんあると思います。そのような疑問に応えるべくまとめましたので、ディーゼル車にお乗りの方必見です!

スポンサードリンク

ディーゼル車にガソリンを入れたらどうなる?

ディーゼル車にガソリンを入れてしまった場合、最終的にはエンジンが掛からなくなる、あるいはエンストを起こします。

その理由としては、ディーゼル車とガソリン車でエンジン内部での動力の生み出し方(爆発の仕方)にあります。

ディーゼル車は高温となった空気に燃料を噴射し「自然着火」するのに対し、ガソリン車は燃料と空気を混ぜたガスにスパークプラグで「点火」します。

この2点の違いは「燃料が燃える温度」にあり、ディーゼル車の軽油は高温にすることで着火できますが、ガソリンはそれを超える温度まで温度を上昇させないと着火できません。

なので、ディーゼル車にガソリンを入れてしまうと自然着火ができないので爆発力が生み出せずエンジンが回らなくなるということです。

入れ間違えた最初は燃料の配管に軽油が残っているためしばらくはエンジンが正常に作動しますが、次第にガソリンがエンジンに到達するとエンジンがストップしてしまうでしょう。

ディーゼル車とガソリン車の違いに関してはこちらの記事で徹底的に解説していますのでご覧ください。

「クリーンディーゼル」という言葉を最近聞くことも多いのではないでしょうか? また車の乗り換えを検討した時、「えっ今の時代にディーゼルな...

ディーゼル車にガソリンオイルを入れたらどうなる?

ディーゼル車はガソリンに比べて過酷な使用環境にあります。

内部の圧縮圧力の強さが高かったり、燃焼によるススなどの発生が多いために、それに耐えうるようなエンジンオイルの成分が求められます。

強い力がオイルに加わってもオイルの油膜が保たれたり、ススが発生してもオイルが洗浄してくれたりといった性能が必要であり、ガソリンエンジンのエンジンオイルを入れてしまうとそれらの役割が果たせない可能性があり、エンジンにとっては不利な状況となるのです。

なのでディーゼル車にガソリンエンジンのエンジンオイルを入れてしまうと、エンジンの故障を招くおそれがあります。

ディーゼル車にガソリンを入れた場合の対処法は

ディーゼル車にガソリンを入れてしまった場合は、まずエンジンをかけないこと。

またエンジンをかけてから気づいたのであれば速やかにエンジンを止めることをおすすめします。

軽油にはエンジン部品の各部を潤滑するオイルのような成分が含まれていたりします。

そこにガソリンが循環してしまうと部品にダメージを与えてしまうおそれがあるので、極力ガソリンが行き渡る前にエンジンを止めておく必要があります。

ですがエンジンを止めたからといって、その燃料を自身で抜き取ることはできないので、修理工場に連絡し、燃料タンクを外したりすることでしっかり抜き出してもらうと良いでしょう。

ディーゼル車にガソリンを入れてしまった時の修理代は

ディーゼル車にガソリンを誤って入れてしまった場合の修理代ですが、上述のように給油後エンジンをかけずすぐに気づいた場合は、数万円で済むことが多いです。

修理内容としては、燃料タンクからガソリンを抜き取り、タンク内を洗浄し軽油を給油するという内容。なので比較的安価で修理が可能です。

一方でエンジンをかけたり走行をしてしまった場合ですが、この場合は依頼する修理工場や整備士の考え方ひとつで異なります。

ガソリンがエンジン全体に行き渡ったことを考慮し、燃料関係の部品を全て交換が必要と考える場合は10~20万円ほど修理代が必要なケースが出てきます。

全ての交換を進める理由としては、必要最小限の修理をして、例えば燃料の入れ替えだけを行って、あとから不具合が発生してしまうと整備工場としては責任が取れないので、上述のような燃料関係の部品を全て交換しようといった考えに行きつくことが多いと考えられます。

逆に最低限の修理をして、後から不具合が出ればまたそこの修理を重ねて行おうといった場合であれば、初期の修理代としては数万円で収まり、またそのまま不具合が感じられなければかかる費用が数万円だけといったこともあるでしょう。

ディーゼル車にガソリンを入れた場合修理は保険適応される?

結論としては、契約内容によっては保険適応されます。

保険内容としてよく聞く名称の「フルカバータイプ」のような内容で契約していれば、ディーゼル車にガソリンを給油した際の修理代がまかなえるかもしれません。

気になる場合は自身の保険会社に問い合わせて確認しておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?いざディーゼル車にのると、普段会社で使用している車はガソリンで、自身のマイカーがディーゼルでといった場合に気を抜くと謝って給油してしまうことも考えられます。

ちょっとの油断で大きな損を招くおそれもありますので、給油の際は気をつけましょう!