ルート配送ドライバーに向いている人とは!ルート配送の向き不向きを暴露!

ルート配送向き不向き

ドライバーの仕事にも接客を伴うものやそうでないものと種類があります。

今回はその中のルート配送ドライバーの仕事について解説していきます。

そもそもルート配送とは、決められた場所に決められた荷物を決められた時間に届けるのが仕事です

コンビニやスーパーなど行く先はさまざまですが、長距離ドライバーと違って毎日決まった場所へ行き仕事をします。

どんな人がルート配送に向いているのか、向いてない人の特徴についてなど、自分はどのタイプに当てはまるのかを考えながら読んでみてください。

ルート配送の給料や年収については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

ルート配送の仕事とその他の運送ドライバー業務は何がちがうでしょうか? 同じ運送ドライバーだとしても、仕事場や時間帯、扱う荷物によって給...

スポンサードリンク

ルート配送ドライバーに向いている人はこんな人!

ルート配送に向いている人はズバリこんな人です。

①車が好き・運転が好きな人

ドライバーの仕事は荷物を積んだり降ろしたりに加えて毎日トラックを運転します。

運転が好きな人じゃないと運転することが不安要素となり続けるのはつらく感じるかもしれませんね。

ルート配送ともなれば、毎日同じ道を通るので街の雰囲気や季節の移ろいを感じることもできます。

運転が好きなドライバーはこんな小さなことでも仕事に楽しみを見つけて頑張っています。

②毎日決まった時間に仕事を終えたい人(残業したくない人)

ルート配送は納品する時間や場所が常に決まっているので労働時間を超えることはほぼありません。

もちろん、配送する商品や時期によって多少の残業は出てくるかもしれませんが、少しでも残業したくない人は事前にしっかりチェックすることをおすすめします。

③安定した収入が欲しい人

長距離ドライバーは毎日行く先が違う分、給料も増減します。

メリットでもありデメリットでもあるので何を重視するかは人それぞれですよね。

その反面、ルート配送ドライバーは行く先・作業内容は毎日同じで給料もほとんど変わりません。

安定した給料を一番に重視するなら、ルート配送ドライバーがおすすめです。

④会社の雰囲気が苦手な人・個人で仕事をしたい人

会社に属して仕事をしている以上は会社員の括りなわけですが、上司や先輩後輩が常にいるオフィスで丸1日作業する環境とは違います。

基本的に現場へ向かうところから会社に戻るまでは1人で仕事をこなすので、上司の視線を気にすることもありません。

運転中は音楽を聴いたりラジオを聴いたりしてリラックスできるとドライバーは良く言います。

⑤責任感のある人

ドライバー以前に社会人として当たり前のことですね。

ルート配送は仕事中基本的に1人なので商品の管理や時間など責任を持って作業することが重要です。

⑥ルーティンワークで効率的に仕事ができる人

毎日同じ場所で同じ事を苦にならずにできるかが大事です。

長距離ドライバーを選ぶ人はいろんな場所で仕事をしたいと思う人が多く、ルート配送を好む人はルーティンワークを得意としています。

自分はどっちが向いているのか考えてみましょう。

さいごに

まとめ

今回はルート配送の向き不向きについて解説しました。

みなさんはいくつ当てはまりましたか?

自分の長所や得意とするものがわかればどんな仕事が向いているのかわかると思います。

ルート配送ドライバーが気になった人は是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク