CVTが故障したら修理か買い替えかどっち?CVT故障車を高く売る方法とは!

CVT故障修理か買替えか

CVTが故障した場合修理代が高く、そのまま修理するか乗り換えるか迷われる方も多いはず。

というのもCVTが故障した場合は一部の部品だけ取り替えるのではなく、CVTを丸ごと交換するケースが多いため、修理代が高くなる傾向にあります。

それでもそのまま修理して乗り続ける方がお得なのか?

あるいは故障した状態でも高く売り、乗り換えをお得にするのが良いのか?

そのような悩みが少しでも解決に向かえばと思い、今回の記事にまとめました。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

CVTは故障が多い?

CVTは故障が多いと言われることがあります。

ですが故障といっても様々あり、故障ではないものの走行フィーリングとして違和感を覚える程度のものなどもありますし、本当に異常レベルで音が発生したり、動力がタイヤへ伝わらないといった重度な故障までと、多岐に渡ります。

CVTが搭載されはじめた一昔前は故障が確かに多く発生していましたが、近年はそういった過去の故障から技術が進化し、精度も上がっているため故障は減少傾向にあるといえます。

CVTの修理代は高い?

CVTが故障した場合の修理代は数十万円かかるケースが多くとても安いとは言えません。

それだけ高額になる理由としては、CVTの修理方法が丸ごと交換なケースが多いことが挙げられます。

CVTという部品は内部も精密に作られており、分解し一部の部品のみ交換するといったことは基本的にありません。

なので異音や動力伝達の不良があった場合CVT本体を全て交換することとなり、その部品代だけで10万円から30万円といった高額な修理代金がかかります。

それに加え交換に必要なCVTオイル、また交換工賃が加わるのでより高額となります。

CVTの修理費用はディーラーと整備工場どっちがお得?

修理を行う際、ディーラーと整備工場ではどちらがお得なのでしょうか?

結論としては修理の合計金額としては整備工場の方が少し安く修理ができる傾向にあります。

内訳としては、部品代金はディーラーと整備工場とであまり変わりはなく、作業工賃が整備工場のほうが少し安いことが多いでしょう。

ですが最近の車両は電子制御の部分が多く、CVTも例外ではありません。CVTが他のエンジンなどと連携し制御されることで快適な運転につながります。

そういった車の場合、単に部品の交換だけでなく、専用の診断機を用いてプログラムを書き換えたり初期化をするような作業もあり、そういった場合はディーラーの方がスムーズに作業が行えるかもしれません。

実際に修理にかかる時間が長い場合、車を数日間預けなければならないかもしれません。

その場合通勤で車を使用している人などは代車が必要となり、その代車費用も有料となるケースもあります。

そのような場合は単に修理費用だけで判断するのではなく、修理にかかる時間や日数も判断材料として考えると良いでしょう。

そのように修理費用、かかる時間、代車の有無というように総合的に考えると、ディーラーの方がお得かもしれません。

実際に修理に悩まれる際は、見積もりをもらい比較してみましょう。

CVTが故障したら修理か買い替えどっち?

CVTが故障した場合上述のように高額になるケースが多く、修理か買い替えかを迷われると思います。

どちらがよいのかは、今乗っている車種や、次に買い替えを考える車種によって変わります。

CVTが故障していても下取り価格として高く評価してもらえる車種なのであれば、買い替えをしたほうがお得かもしれません。

一方で乗り換えようとした時に下取りとしての値段があまりつかない場合は、しっかり修理をして乗り続けたほうが良いかもしれません。

自身の車が具体的にどちらがお得なのか、ディーラーや販売店で確認することをオススメします。

CVT故障車を高く売る方法とは!

CVT故障車を高く売るには、ディーラーか買取専門店のどちらに依頼するかで変わるでしょう。

結論としてはディーラーよりも買取専門店に依頼するほうが高く売れるケースが多くあります。

CVTの故障に限らずディーラーは基本的に下取りや買取価格が低い傾向にあります。

ディーラーでは買い取った車を自社で再度商品化し、中古車として売り出すことがあります。

なのでディーラーはなるべく低く仕入れたいため、下取りや買取価格は低くなります。

一方で買取専門店では、仕入れた車両を海外を含めて広く売り先を用意しているので売値も高くすることが可能であり、その結果仕入れ値(=買取金額)を高くすることができるわけです。

なので高く売ることに絞れば、買取専門店で買い取ってもらうことがお得であると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

CVTが故障してしまうと修理金額の高さから、修理して乗り続けるか乗り換えるのかを悩まれると思います。

修理見積もりや買取査定を複数依頼し比較することで、お得な判断ができると思います。

最後に、車との付き合い方は単にお金だけではない方もいると思います。

金銭面だけでなく、車への愛着や担当者との人間関係など、総合的に判断すると良いかもしれません。