センター間輸送ドライバーの仕事内容とは!給料や年収、必要な資格は何?仕事がきついって本当?

センター間輸送ドライバー

センター間輸送ドライバーって実際にお仕事をするの?

どんな資格が必要で、給与はどうなっているのか?

どんな人に向いているお仕事で、逆に不向きな人はどんな人なのか。

きつそうなイメージがあるが、実際はどのくらい大変なのか?

センター間輸送ドライバーのお仕事に興味を持っている方、実際に働きたいと思っている方が疑問に思っていることを実際に働いている人の評判、口コミなども交えて解説していきます。

※トラックドライバーへの転職や給料、勤務時間、勤務地の相談はこちらのエージェントが最適です。

登録は簡単で一切料金はかかりません。
アドバイザーがあなたの希望する会社を探してくれます。
登録しても絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

>>トラックドライバーへの転職の相談はこちらからどうぞ

スポンサードリンク

センター間輸送ドライバーの仕事内容とは!

センター間輸送ドライバーの仕事は店舗や個人への配送ではなく、物流の拠点となる倉庫や物流センター、生産センターなどの間で物を配送するお仕事です。

店舗や個人への配送を行う仕事はルート配送と呼ばれています。

センター間輸送ドライバーが配送する荷物は大きな荷物から小さな荷物まで様々です。

主なお仕事は集められた荷物の仕分けを行い、積み込みをし、それを運搬するものです。

倉庫間の配送になるので1回に運転する距離は長いことが多いですが、その分1日に行う件数は少なくなっています。

大きな倉庫間の配達になると、大きな設備などが登載されていることもあり、その場合は積み込みの作業がなくなり、楽になります。

また、センター間輸送ドライバーが運んできた荷物を日中にルート配送のドライバーが店舗や個人などに届ける流れになっていることも多いため、夜間のお仕事になることもあります。

センター間輸送ドライバーに必要な資格について

特別な資格は求められませんが、運転手のお仕事になりますので、運転免許は必須です。

必要な免許は配送するものや会社によって異なりますが、中型自動車免許、大型自動車免許のいずれかが必要になってきます。

大型自動車免許を取得しておけば、お仕事できる幅も広がりますのでそちらを取得することがおすすめです。

センター間輸送ドライバーのお仕事はルート配送のお仕事よりも大型トラックが使用されることが多くなっています。

なお、大型自動車免許の取得には21歳以上で、免許取得から3年以上経過していることが条件になっていますので注意が必要です。

また、場合によっては牽引免許が必要になります。

中には資格を持っていなくても採用され、働きながら資格取得を補助してくれる会社もあるので色々調べてみるといいでしょう。

これにプラスしてフォークリフトの資格を持っていると、お仕事の幅が広がります。

センター間輸送ドライバーの仕事はきつい?

1日の仕事内容のほとんどが運転をすることになりますので、運転が苦手、運転が嫌いな方にとってはきつい仕事かもしれません。

また、センターには多くのトラックが集まってくることや、膨大な荷物の中から積み込み、積み下ろしを行うので、待ち時間が長くなる傾向があります。

そういった時間が苦手な方もきついと感じてしまうでしょう。

さらに時間に追われる仕事でもあります。

センター間輸送ドライバーの給料や年収はいくら?

センター間輸送ドライバーの年収は所属する会社や運転するトラックの大きさ、配送する距離によっても異なります。

近距離の場合は400万円~450万円、長距離になると450万円~500万円程度になります。

ここであげた年収は大型トラックの目安なので、中型になるともう少し低い金額になってしまいます。

先に述べたように条件によって異なりますので参考程度に考えてください。

トラック運転手で年収アップをするならこちらの記事に詳しくご紹介していますのでご確認下さい。

>>トラック運転手で年収600万!簡単に収入が60万以上アップする3つの方法!

センター間輸送ドライバーに向き不向きな人とは

センター間輸送ドライバーの仕事が向いている人は精神力や忍耐力がある人です。

待ち時間が長いことが多いので、長時間何かをすることが苦手な人には不向きな仕事になります。

また長距離を運転するので、運転が好きな人にはぴったりなお仕事ですが、逆に運転が嫌い、苦手だという人には不向きなお仕事です。

さらに、ルート配送の運転手のように多くの人とコミュニケーションをとる機会が少ないため人と話すことが苦手だという方、1人で黙々と作業することが苦ではないという方にも向いている仕事だと言えます。

効率よく動くことも大切になってくるので自分でしっかりと時間管理ができることも重要な要素になります。

荷物の積み込み、積み下ろしも自分で行う会社では体力自慢の人も活躍できるお仕事です。

あなたはセンター間輸送ドライバーに向いてる?

センター間輸送ドライバーには向き不向きがあります。

向いていないと絶対に長続きはしません

向き不向きが分かる性格診断テストはこちらから簡単に受けれます。

センター間輸送ドライバーを目指すなら一度は受けましょう!

🔗自分がセンター間輸送ドライバーに向いているかチェックしてみる

センター間輸送ドライバーの口コミ評判とは

実際にセンター間輸送ドライバーとして働く人の評判はどうなのでしょうか。

多く見られた意見としては、時間が夜間なので生活のリズムが安定しないというものです。

長時間拘束というところでそういった面が不満になってくるのかもしれません。

逆に荷物の積み下ろしがない場合は体力的に楽という意見も見られました。

給与面でもばらつきがあり、年収が低いという悩みがある方もいるそうです。

良い面も悪い面も様々な評判がありそうです。

ドライバーの転職や情報収集にはエージェントは必修

トラック運転手転職にはリクルートエージェント

人手不足の運送業界は今どの会社も人材を欲しがっています。

ドライバーが会社を選べる時代と言っても過言ではありません。

そこで良い会社を見つけるコツがエージェントの利用です。

現在では転職エージェントからドライバーに転職するケースが主流になっています。

未だにブラック企業の多い運送業界で個人の面接のみで会社を決めてしまうのは危険を伴います。

そのなかでもおすすめのエージェントがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは日本最大手の転職エージェントです。

リクルートエージェントではプロのアドバイザーが企業と給料や労働時間の交渉までしてくれます。

いちいち面接に行かなくても事前にアドバイザーが確認してくれるので時間の節約になります。

お金の話や自分の要望など面接官に話しをするのが苦手な方は特に利用したいサービスです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。

非公開求人にする理由は企業が社内の採用情報を外部に漏らしたくないのと採用コストを抑えるためです。

あなたがネットで探してもいい企業が見つからないのはこの非公開求人になっている可能性が高いです

大手を狙うなら非公開求人数が日本でダントツ1位のリクルートエージェントを利用しましょう。

非公開求人の中に希望する企業が隠れているかもしれません。

福利厚生や休み、退職金がしっかりしている大手企業なら安心して長く勤めることができますからね。

もちろん無料で利用できますし絶対に転職しないといけないわけではありません。

時間をかけて相談しながら転職したい方は是非ご利用下さい。

5分で簡単に登録ができます。

エージェントに無料相談する>>

自分の適性に合った職場探しを

センター間輸送ドライバーのお仕事は非常に向いている人、不向きな人がはっきりしています。

自分が向いている人の特徴に当てはまったらとても働きやすいお仕事だと思います。

学歴不問なことが多く、未経験の方にも研修期間を設けている会社も多く、未経験の方でも働きやすいです。

同じセンター間輸送ドライバーでも会社によって待遇が異なりますので、お仕事を探す際には自分の適性と条件をしっかり考えて探してみるといいのではないでしょうか。