車の白煙の原因とは!マフラーから白煙が夏だけでる理由や臭いの原因について!

マフラー白煙が出る原因

冬の寒い日の朝、車のエンジンをかけるとマフラーから白煙が出たり、走行中にマフラーから白煙が出ている車を見かけたことはありませんか?

実はその白煙は車が出しているSOSのサインかもしれません。

正しい知識を持ち、走行中に白煙が出る原因や対処法を理解し、安全に車を乗れるようにしましょう。

今回は、マフラーからの白煙について、原因や対処法を詳しく解説しております。

是非最後までご覧ください。

スポンサードリンク

走行中車のマフラーから白煙がでる原因は?

マフラーから白煙が出る原因は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、特に冬に起こることが多いですが、エンジンが温まってない状態で車を走行すると水蒸気がマフラーから出て、これが白い煙のように見えます。

そして、エンジンが温まってくると次第にこの水蒸気はマフラーからでなくなっていき、徐々に消えていきますので問題無い白煙と言えます。

2つ目は、エンジンオイルがエンジン内部の燃焼室に入り込み、不完全燃焼を起こしていると白い煙と同時に鉱物臭がします。これが、マフラーから白煙が出る原因です。

1つ目の原因は車には問題ないですが、2つ目の原因は車に問題があり対処が必要になってきます。

そして、マフラーから白煙が出る原因はさまざまある中で、2つ目の白煙がでる原因は一番多い原因となります。

車のマフラーからでる白煙に臭いがある場合の原因とは

「走行中車のマフラーから白煙がでる原因は」で解説させていただいたように、白煙に鉱物臭がある場合は、エンジンオイルが燃焼室に入り込み、不完全燃焼を起こしている事が原因となります。

燃焼室に入ってしまう原因は大きく分けて2つあり、ピストン側から燃焼室にエンジンオイルが入る「オイル上がり」と、バルブ側から下がってくる「オイル下り」があります。

いずれの場合も、総走行距離を多く走っている車両に見られる現象です。

なので、総走行距離が長く白煙に臭いがある場合は、エンジンオイルの不完全燃焼が原因であることが非常に多いです。

車のマフラーの白煙に臭いがある時の対処法とは

白煙に臭いがある時の対処法は「オイル上がり」なのであればオイル上がり用の添加剤を、「オイル下がり」なのであればオイル下がり用の添加剤を入れることが対処法となります。

なので、白煙の原因が「オイル上がり」なのか「オイル下り」なのかを見極めることから始まります。

「オイル上がり」の場合は、エンジンを始動しアクセルを吹かすと白煙が多く出ます。

この症状がある場合は「オイル上がり」です。

そして、「オイル下がり」の場合は、エンジンをかけてアイドリングしているだけで白煙が多く出てきます。

この症状がある場合は、「オイル下がり」になります。

白煙が出る症状が見られたときは、それぞれの症状に見合った添加剤を入れましょう。

しかし、オイルが古いと効果が弱くなってしまうこともあるため、オイル交換と同時期に添加剤を使用すると効果的です。

この添加剤は、原因の根本解決ではなく、あくまで症状を出にくくする対処法になりますので、臭いがある白煙が出てきたら整備工場へなるべく早く相談する事をお勧めします。

アイドリング時にマフラーから白煙が出る原因は

アイドリング時にマフラーから白煙が出る原因は2つあります。

1つ目は、オイル下がりが起きている車両です。

オイル下がりとは、エンジンをかけていない期間が長く、オイルが吸気バルブの隙間を通って燃焼室に流れることをオイル下がりといいます。

オイル下がりがおきていると、アイドリング中にマフラーから白煙が出てきます。

2つ目は、エンジンオイルの量が減っているのにも関わらず長距離走行した車両です。

この場合もアイドリング時にマフラーから白煙が出ます。

ターボ車のマフラーから白煙が出る原因と対処法は

ターボを潤滑したオイルが、オイルパンに戻りにくいとオイル漏れを引き起こし、マフラーから白煙となって出てきます。

そして、タービンに負荷がかかり、故障につながる恐れがあります。

対処法としては、オイル交換をこまめに行うのと、オイルの粘土を上げると白煙がおさまります。

夏だけ発生する車のマフラーの白煙はなに

夏だけ白煙が発生する場合は、水蒸気が原因となります。

エンジン内部で完全燃焼しマフラーから水蒸気が出てきます。

特に問題はなので、安心してください。

マフラーから白煙が出ても焦らず対処しましょう

いかがでしたか?

今回はマフラーから白煙が出てきた場合の原因と対処法を解説しました。

出てもいい白煙と、出たら注意しなければならない白煙、2種類があります。

白煙が出たときには、その状況を整理し臭いはあるかを確認したあと、適切な対処をしましょう。