バス運転手はきつい!?給料や資格仕事内容とは!

バス運転手きつい

バスの運転手さんというと何かと皆さんの生活環境の中では目にする機会も多いのではないでしょうか?

そのバスは公共交通機関としても無くてはならないものであり、私たちにとっても密接な関係といえます。

いろいろな環境下において活躍の場が多いのには「バスの運転手さんあってのこと」ですよね。

今回ではそのバス運転手とはどのような仕事の内容か?

バス運転手になるための資格から給料についての事柄、バス運転手としての仕事のキツさと運転手として向いてる方の特徴などをみていきたいと思います。

スポンサードリンク

バス運転手の仕事内容とは?

ひとことにバス運転手と言っても「観光バス」・「市バス」・「路線バス」等それぞれのカテゴリーによって仕事内容も振り分けられます。

今回その中でも共通してる仕事内容を項目別に、アバウトではありますが以下にまとめてみました。

■バスの運転
■バス車内の清掃や車両の洗車
■運行前の車両の安全点検
■運行後の車両の安全点検
■運転日報や運行記録などの作成とその後の提出
■接客やそれらに対してのクレーム対応等

これらの項目別の中にさらに細かな必要事項・注意事項など含まれますが、それらもバスの運転意外での仕事の振り分けなどによって運転手にかかる様々な負担など、勤務先やバスの種類によっても変わります。

バス運転手に必要な資格について

つぎにバスの運転手を職業とするために必要な資格運転免許証以外にどのような資格があるのでしょうか。

まず第一種大型免許が必須がなのはもちろん、そこに第二種大型免許が必要となってきます。

これは第一種普通免許から第二種普通免許を必要とするタクシー運転業務の際に必要な資格と同じであり、バス・タクシーともに乗客を乗せての運行により運賃が発生する場合に必要な資格です。

この大型二種免許の場合、約30%から50%の合格率とも言われています。

そこから考えてみると決して簡単に取得できる資格とはいえませんね。

バス運転手の給料や年収はいくら?

これはバス運転手でもそれぞれのジャンルによる業務内容や年齢・経験によってのことになってきますが、月収の平均額でみると約29万円から32万円。

同じく平均した年収額では約400万円から500万円ちょっとぐらいとなるようです。

月給の手取り額としてみると、大体ではありますが12万円から27万円と言ったところでしょうか。

これはあくまでも、厚生労働省による賃金の構造基本統計調査をもとにした平均値であるため、公営や民間などの違いでも大きな差がでてきます。

となればいろいろな条件下によって、実際にはかなりの給与幅があるとも考えられますね!

バス運転手ってきつい?

私たちの生活に馴染みのあるバスの運転手といっても、一般的な印象としてあまり労働面での苦労などを垣間見る機会は少ないと思います。

とはいっても巷では「バスの運転手は仕事がきつい」ともいわれてます。

バスの運転手で基本共通されてるのが休日や勤務時間においての不規則さといえます。

長距離バスなどの運行となれば勤務時間が長くなり、路線バスとなれば出勤時間は朝早くなります。

場合によっては人員不足により会社から長時間労働を強いられる事もあるようで、こうなると肉体的に体力維持も難しくなってきます。

乗客によるクレームやトラブルなど、運転手自身での対応も業務中に必要となりますので、バスの運行においては常に緊張状態である事から精神的な負担にもなります。

あと何よりも「多くの乗客の命を預かった業務」という事から「責任の大きい業務」となります。

そのため常に自身の運転スキルを向上していく努力も欠かせないという事になりますので、バス運転手となると決して楽で無く結構「きつい部類に入る業種」となりますね。

バス運転手に向いている人の特徴とは

これはバスの運転手以外の業種にも言えることですが、その業種に就くことを目指して頑張ったものだけが就くことのできる仕事であり、たとえそれがバスの運転手であっても然りです。

バスの運転手となれば一人の運行業務でありますが、そこには常に多数乗って頂いてる乗客あっての業務となりますので、その乗客とのコミュニケーションも欠かせません。

バス運転手となれば仕事にも「きつい」と捉える内容がありますが、乗客との些細な触れ合いなど、コミュニケーションを「仕事の魅力」と捉えられる方が最もバスの運転手として向いていると言えます。

そしてそれがある程度共通した特徴とも言えますね。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

今回、バスの運転手について仕事の内容や資格と給料の事柄、仕事のキツさと向いている方にみられる特徴などを見てきましたが、総合的に見ると昨今のバス運転手というのは一昔前と比べて仕事のキツさは幾らか緩和されてる印象は受けます。

その背景には過去に「会社により強いられた無理な過労働」が原因の多発した交通事故にあり、それ以降徐々にではありますが、収入の面や業務体系もいい方向に改善している傾向です。

また運行形態では「コミュニティバス」という新しいバス形態も試みられるなど、将来的に見てもこれからのバス産業の需要性も高くなるともいえます。