ブレーキローターはどのくらいで交換する?交換時期や費用の目安について!

ブレーキローター 交換

皆さんは、車のメンテナンスを定期的に行っていますか?

あまり気にした事がないと言う人も意外と多いのではないでしょうか。

何かと便利な車ですが、長く安全に乗れるよう、しっかりとして手入れも必要です。

そこで今回は、ブレーキローターの交換時期や交換費用などについて解説していきます。

スポンサードリンク

ローターはどのくらいで交換する?

ブレーキローターは消耗品になりますので定期的に確認することが必要になります。

一般的には10万kmで交換が必要と言われております。

しかし、目安だということは忘れないでください。

使い方や乗車頻度によって異なりますので絶対に10万kmでということではありません。

一番わかりやすいのはブレーキローターの厚みで判断することがいいです。

本体には最小の厚みが書いてありますが、錆などで見えなくなっていることがありますので、ブレーキが冷えた時に手で触るとわかりやすいです。

2~3センチほど減ったと感じたら交換すると安全です。

ブレーキローターは大切な部品になりますので確認を徹底して安全な走行を実現してください。

ブレーキに違和感や不信感を持ったときは必ず専門の人に相談するようにしてください。

近所に整備場などを把握しておくことも必要です。

ブレーキが効かないと止まることができませんので非常に危険になります。

また、ブレーキを使用すると音が鳴る車などたまにありますが、こちらも同様で交換を意味している合図になります。

普段からブレーキのことを意識しておくと安全に車を使うことができます。

ブレーキローターの交換費用はいくら?

相場は2万円から3万円です。

よって自動車一台全てのブレーキローターを交換するには、およそ7万円~8万円の費用が必要になります。

修理内容によって変更になりますので一概に言えません。

ハブの交換のみの場合や、ローター本体の交換のみなどケースバイケースになります。

基本はハブとローター本体を同時に変えることが理想になります。

ブレーキローターの錆落としのコツとは

まず錆を落とす際はブレーキが完全に冷めてから行うようにしてください。

乗車後の錆落としは危険が伴いますので、完全に冷めていることを確認してから作業を行ってください。

た、多少の錆は問題ありませんので神経質にならないことも重要です。

どうしても気になる人は、機会研磨することで落とすことができます。

ホームセンターにも売っていますので簡単にできると思います。

案外手強い錆ですので、自分の手で行うよりも機会を使った方が楽に錆を落とすことができます。

研磨しすぎないように細心の注意も必要です。

時間など余裕を持って慌てずに作業を行ってください。

錆のないブレーキローターよりも多少の錆があった方がうまく稼働するケースもあります。

ブレーキローターの研磨はDIYで仕上げることはできる?

DIYで研磨を仕上げることは可能です。

但し、やりすぎると本体の破損につながりますので十分に注意が必要になります。

できる限り、専門業者に任せることをお勧めします

費用を抑えようとしてDIYで本体を破損させると逆に高額な修理が必要になります。

また、綺麗に磨いてもすぐに錆になりますのであまり神経質にならないことをお勧めします。

家具のDIYとは違い、高い知識を求められますので安易に踏み込まない方が身のためです。

どうにもならず、本体ごと変えるなど耳にしたことがあります。

また、変にいじっていしまうと整備場でも対応できない場合があります。

そのときは、廃車扱いなることもありますので十分に注意が必要になります。

ブレーキローターの塗装は耐熱塗料で

ブレーキローターは高熱になりますので耐熱塗料は必須になります。

耐熱性がないものを使用すると車本体の故障にもつながりますので決して使用しないようにしてください。

また、身の回りに引火性物質などもないことを確認してから使用することが大切になります。

塗料に関しては、車の整備場で詳しく聞くことも必要です。

もしも、自分で塗りたい方は、ローターごと塗らないように気をつけていただきたいです。

ローターごと塗装してしまうとブレーキ機能が低下しますので非常に危険になります。