ベンツが故障した時の修理費用はいくら?箇所別費用/まとめ

ベンツ故障の修理費用は

車の修理費用っていくらするのか気になりますよね。

大体こんなものかなと予想出来ればお金の準備や心構えも出来ると思います。

しかし、その故障がもしリコール対象だったらもしかしたら無償で直せるかもしれないので、メーカーのホームページで確認してみるのも良いと思います。

リコール対象ではなかった場合にどのようにすれば良いのか、故障しているのはどんなものでいくらくらいの費用が必要なのかをお話しさせてください。

スポンサードリンク

ベンツのサイドブレーキの修理費用はいくら?

サイドブレーキとは、パーキングブレーキと呼ぶこともありますが、どちらも同じ意味です。

メルセデスでは車種によってハンドブレーキとパーキングブレーキペダル(足で踏むタイプ)と電動パーキングがあります。

W204 W212 W218などのパーキングブレーキが付いている車両では、よくペダルが戻らなくなることがありペダルを交換しますが、費用は3万円前後になります。

W221の電動パーキングでは故障の警告灯が点灯し、電動パーキングアクチュエーターの交換をします。

費用は17万円前後になります。

ベンツのオイル漏れの修理費用はいくら?

オイル漏れがどこから漏れているかで料金がかなり変わってきます。

一言でオイルと言っても車には色々なオイルが入っています。

デファレンシャルオイル、ミッションオイル、トランスファーオイル、エンジンオイル、パワーステアリングオイル、油圧サスペンションオイル、サスペンションオイル、ブレーキオイルなどあります。

簡単な修理だと10分で終わるのもあれば丸2日かかる作業もあります。

料金も最安では3000円程で、高額になると10万円を超えることもあります。

ベンツのパワーステアリングの故障の修理費用はいくら?

パワーステアリングは2種類あります。

1つ目は油圧パワーステアリングです。

油圧の場合はオイルとポンプ、ハイプレッシャーホース、リターンホース、ギアボックスの構成部品になります。

その中でダメになっているパーツを交換しますが、大体8万円前後の金額になります。

2つ目の電動パワーステアリングですが、モーターでアシストしています。

3種類のアシスト方式があり、コラムアシスト、ピニオンアシスト、ラックアシストです。

メルセデスではラックアシスト式を採用しているため、ギアボックス交換になります。

ギアボックスが原因で交換する場合は50万円前後になります。

ベンツのイグニッションコイルの故障の修理費用はいくら?

イグニッションコイルは12Vバッテリーの電圧を2万5000V~3万5000Vにする変圧器です。

増幅された電圧はスパークプラグで火花として放たれてエンジンが動きます。

その為、4気筒エンジンの場合は4個、12気筒エンジンの場合は12個付いています。

このイグニッションコイルが壊れると1気筒機能しなくなります。

この状態をミスファイアと言います。

このときにイグニッションコイルが故障している場合は1つの交換費用として2万円前後です。

ベンツのパワーウインドウレギュレーターの不具合の修理費用はいくら?

最近の車ではパワーウインドウレギュレーターの不具合も改善されてきましたが、前まではよく不具合が起きるパーツでした。

閉まっている状態で壊れるならまだ良いのですが、開いてるときに壊れてしまうと雨や虫、猫が浸入してしまいます。

さらに良くないことが盗難されてしまうおそれがあります。

パワーウインドウは突然壊れるときもありますが、前兆があります。

開閉スピードが以前と比べて遅くなっている、又は開閉時にゴリゴリ音が鳴るようになったなどの変化がありましたら、もうすぐ壊れますよのサインです。

ですので、前兆を感じたらパワーウインドウレギュレーターの交換をおすすめします。

費用は5万円前後になります。

ベンツの故障修理のディーラーのメリットデメリットとは

正規ディーラーさんでは、メカニックは定期的にメーカー研修を受けメーカーの資格を取得している者が大勢います。

ですので、メルセデスの知識と技術を持っている者が整備に努めています。

使用するツールも純正の診断機なので、正確にデータを読み取り車の状態を把握することが出来ます。

交換するパーツは、純正パーツのため初期不良があっても保証で交換が出来ます。

店舗にパーツの在庫がない場合でも定期的にメーカーからパーツが届けられるのですぐに作業に取り掛かることが出来ます。

整備作業にしても、メルセデスの扱いに慣れているメカニックなので、お客様の車両を丁寧に扱うことが出来て、些細な車両の異変にもアドバイスしてくれます。

使用工具もメルセデスに使う純正の特殊工具を使用しているため、作業品質の高い整備を提供することが出来ます。

その代わり、整備費用が高くなってしまうことがあります。

メーカーの看板を背負っているため、保安基準に準ずる整備しか出来ません。

汎用パーツの取り付けなども行うことが出来ません。

ベンツの故障修理のカーショップのメリットデメリットとは

カーショップでは、交換パーツをリビルト品の使用やOEMのパーツを使用するため、パーツ代を抑えることが出来ます。

技術料も安いところが多いので、総合的に費用が安く済みます。

ショップによっては持ち込みのパーツや後付け品も行ってくれるので融通が利きます。

しかし、メルセデスの知識と技術があるショップとないショップの差があるので、修理後に車の調子がおかしくなったなんてこともあります。

些細な異変に気付いて!

普段乗っていて最近車の調子がいつもと違うなと気付けるのはドライバーの方しかいません。

おかしいなと思ったら整備工場に相談してみてください。

また、どのように異変を感じたのか正確に伝えて下さい。

例えば、警告灯やメッセージがどんなもので何色のマークなのか、何かきっかけがあって異変に気付いたなどです。

ユーザー様の協力があれば早期解決と正確な整備をすることが出来ます。