車の鍵の電池交換の方法とは!交換はどこでできる?メーカー別まとめ

車の鍵の電池交換方法

最近のクルマの鍵は、電池が入っており、電池がなくなるとクルマのロックもアンロックもできないばかりか、エンジンも始動できません。

そこで、鍵の反応が悪いと感じた時には電池の消耗を最初に疑います。

電池交換は意外と簡単にでき、特別な工具も必要ありません。

そこで、各メーカーのクルマの鍵の電池交換方法を詳しく解説します。

スポンサードリンク

車の鍵の電池交換 トヨタ車の場合

トヨタ車のスマートキーの電池交換は、クルマに備え付けの取扱説明書に記載されています。

方法は、ハイブリッド車もガソリン車も大きな違いがないほかトヨタ車の場合、どのクルマでも同じ取り外し方法と同じ電池が使用されています。

電池交換の方法は、スマートキーとトヨタマークを上にしてメカニカルキー(エマージェンシーキー)を抜き取ります。

この時にスマートキーの横にあるボタンを押しながら引き抜きます。

次に、カバーを開けますが、この時にマイナスドライバーが必要です。

マイナスドライバーは、細い小さいものを用意しましょう。

メカニカルキーを抜いた場所にキズが付かないようにマイナスドライバーの先端に布などを巻き付けてから差し込み、テコの原理で蓋をこじ開けます。

マイナスドライバーでなくてもメカニカルキーの先端でこじ開けられる車種もあります。

蓋が開いたら中にある電池を取り出します。

この時に、精密ドライバーがあると電池を持ち上げやすく簡単です。

最後にプラスを上にして電池を入れてから蓋を閉め、メカニカルキーを元の位置に差し込みます。

ボタンを押して問題なくドアのロック、アンロックが出来れば終了です。

車の鍵の電池交換 ダイハツ車の場合

ダイハツ車の鍵の電池交換は、大きく分けてAタイプからDタイプまで4タイプあります。

Aタイプは、スマートキーの下側をスライドさせると、電池交換が可能です。

Bタイプは、メインキー(エマージェンシーキー)を取りはずします。

この時に、キーの先端にカバーが付いているのがBタイプです。

メインキーを抜いた後、裏返し(ボタンがない方)にしてから精密ドライバーで2本のねじを外します。

すると、スマートキーが上下2分割でき電池交換ができます。

Cタイプは、薄いカード型の鍵でドアロックのスイッチがある面を上にしてサイドにあるツメを3カ所外します。

この時にマイナスの精密ドライバーを差し込むと簡単に外せるので、あとはカバーをあげれば電池が見えるので交換します。

Dタイプは、上部にあるノブをスライドさせてエマージェンシーキーを抜きとります。

ダイハツマークの面の下側がスライドさせてカバーを外します。

小さなビスが4本あるので、精密ドライバーのプラスを利用して全部外します。

あとはカバーを外せば電池が見えるので交換するだけです。

いずれのタイプも電池交換が終了したら、ドアロックとアンロックができるか確認しましょう。

タントの鍵の電池交換はこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧下さいね。

🔗タントの鍵の電池交換は超簡単!交換方法や値段、電池切れの時の対処法とは!

車の鍵の電池交換 スズキ車の場合

スズキ車の鍵は、スズキマークの面にある小さなスイッチを押しながらエマージェンシーキーを引き抜きます。

次に、エマージェンシーキーを抜いた部分の隙間に、小さめのマイナスドライバーを差し込みテコの原理で鍵の蓋を開けます。

中にボタン電池があるので、同じく小さなマイナスドライバーで電池を外して新しい電池を取り付けます。

カバーをはめてから、エマージェンシーキーを元の位置にはめます。

ドアロックとアンロックができるかテストして終了です。

車の鍵の電池交換 ホンダ車の場合

ホンダ車の鍵の電池交換は、10円玉1個あれば簡単にできます。

基本的にエマージェンシーキーを抜いてから、抜いた部分にコインを差し込んで、テコの力で簡単にカバーが外せます。

もう一つ、縦長でスイッチが同じラインにある鍵の場合は、外周を見るとコインがはまる切り欠きがあるのでその部分をコインでこじるとカバーが外せます。

カバーが外れたら、電池を交換してカバーを戻し、ロックとアンロックのテストして終了です。

車の鍵の電池交換 日産車の場合

日産車の鍵の電池交換は、エマージェンシーキーを取りはずして、取り外した部分に見えるスリットに精密ドライバーのマイナスを差し込みひねってカバーを外します。

電池を交換したらカバーをはめますが、最初に鍵の下側の部分、つまり引き抜いたエマージェンシーキーと逆の部分からスライドさせてはめます。

次に全体を押さえて確実に蓋を閉めます。

ロックとアンロックが正常に作動するかチェックして終了です。

車の鍵の電池交換 スバル車の場合

スバル車の鍵の電池交換は、車載工具のマイナスドライバーがあればできます。

また精密ドライバーがあればそれを使用してもいいですが、ご家庭にあるドライバーセットなどではサイズが合わない場合があるので注意しましょう。

最初にエマージェンシーキーを外します。

そして、エマージェンシーキーの嵌っていた部分をのぞき込むと鍵の上下のカバーの切れ目が見えますが、その中でもひときわ大きなくぼみがあります。

その窪みに精密ドライバーもしくは車載工具のマイナスドライバーを差し込みひねってカバーを分離します。

あとは電池が見えるので交換してから蓋をはめて、ロックとアンロックのテストすれば完成です。

クルマの鍵の電池交換はとっても簡単なので自分でやってみよう

どのメーカーのスマートキーも、カバーを外してから内部の電池交換します。

交換方法は、マイナスドライバーなどを使用してテコの原理を利用して開けますが、ダイハツ車では精密ドライバーのプラスがなければ交換できないので注意が必要です。

とはいっても、特殊な工具が必要になることもなく精密ドライバーも100均で手に入るので誰でも簡単に電池交換ができますから、クルマの鍵の反応が悪いと感じたら自分で電池交換をしてみましょう。