故障車の買取りの相場とは!故障車を高く売る方法やコツを解説!

故障車買取り相場

クルマが故障していても、売却できるか心配の方も多いでしょう。

しかし、買取店を選べば故障していても売却が可能です。

走行できる状態で、走行装置以外の場所の故障であれば、一般中古車買取に査定依頼します。

そして、全く動かないクルマや、エンジンやトランスミッションから大きな異音がするなど、明らかに大きな問題がありそうな場合は、廃車買取がお勧めです。

ここでは、故障車の買取相場と、故障したクルマを高く売るコツについてお伝えします。

スポンサードリンク

そもそも故障車は買い取ってくれる?

クルマの故障は、修理すれば乗り続けられます。

しかし、故障が多くある場合や、修理してもすぐに違う場所が故障しそうなど、修理費用がかさむと予想されれば、手放すことを考えるでしょう。

そして、故障車を手放す場合、スクラップにするためにスクラップ工場などに依頼する方も多いのではないでしょうか。

しかし故障車は、買取されます。その代わり、一般買取ではなく廃車買取と呼ばれる専門店によって買取されています。

故障車の買取り査定額が決まるポイントとは

故障車の買取では、故障の度合いで買取店を選びます。

走行に支障がないエアコンやナビシステムの故障であれば、一般中古車買取でも買取してもらえる場合も多いでしょう。

しかし、走行に支障がある故障で、修理に高額な費用が掛かると判断された場合、廃車専門店での買取査定が良いといえます。

廃車買取業者の多くは、0円以上での買取を謳っている業者がほとんどなので、どんなクルマでどんなにボロボロでもオーナーが負担する費用がないのが普通です。

廃車買取では、一般的に電話査定で査定額が決まり、その価格でそのまま買い取られることがほとんどです。

電話査定では、車種、年式、走行距離、車検残、そして故障などの不具合箇所を聞いて買取査定額を算出します。

廃車買取では、国内外にパーツとして流通するほか、新興国などにそのまま輸出し、海外の安い賃金で修理して販売されます。

そのため、国内で中古車として流通させないので、キズの位置や不具合の程度といった細かい部分を実車で確認しなくても買取できます。

灯火類切れの車の買取り相場への影響は

灯火類が切れて点灯しない場合、買取査定ではほとんど影響ありません。

灯火は、消耗品であることと、電球となるバルブも安く手に入るほか、交換も簡単なので特に問題になりません。

しかし、最近のクルマでLEDヘッドライトやLEDフォグランプといった灯具と光源が一緒になったパーツは、点灯していないと修理費用として実費に近い減額が待ち受けています。

というのも、LEDヘッドライトの寿命は、クルマの寿命より長いと言われており、そのLEDヘッドライトの不点灯は、ヘッドライトユニットや制御するコンピュータ、そしてハーネスなどの何れかに問題があるためで、どれも高額な修理費用が発生するからです。

バッテリー上がりの買取り相場への影響は

クルマはバッテリーがなければ動きません。

バッテリーはエンジン始動時のセルモーターを回すために重要なパーツなので、一般的にバッテリー上がりであればバッテリー交換で対処できます。

そのため、バッテリー上がりと査定で判断されれば、それほど大きな減額がなく買い取られます。

査定士が、クルマを査定するときにエンジン始動しない場合は、ジャンプスターターを使用してエンジンを始動させることが普通です。

これでエンジン始動すれば特に問題ありません。

しかし、同じバッテリー上がりでも、充電系統に異常がありバッテリー上がりを起こしている場合は、査定に大きな影響が出ます。

このような不具合があると、ジャンプスターターでエンジンが始動しても、ジャンプスターターを外してしまうとエンジンが止まってしまうでしょう。

傷や凹みのある車の買取り相場への影響は

キズや凹みのあるクルマは、キズの大きさにより買取査定に大きく影響します。

ほんの些細な線キズであれば、コンパウンドで軽く磨けば直るので、それほど大きな減額対象ではありません。

このほか1cmに満たない小さな傷も減額対象外となっていることが普通です。

しかし、エクボと呼ばれる小さな凹みでも、数多くある場合は減額対象としてカウントされます。

そして、パネル交換などが必要なほどキズや凹みがあると、クルマによっては買取不可となってしまうでしょう。

キズや凹みで買取不可と言われても、廃車買取であれば問題なく買取されます。

一般中古車買取で0円と言われたり、買取不可と言われたら、廃車買取に相談しましょう。

CVTに異常のある買取り相場への影響は

CVTは、クルマの無段変速機なので、故障すればエンジン始動しても走ることはできません。

しかもCVTの修理費用は高額になる場合が多いので、走行できたとしても買取不可となる場合が多いでしょう。

CVTに異常がある場合、一般買取で0円と言われたなら、廃車買取がお勧めです。

エンジンに異常のある買取り相場への影響は

エンジンに異常がある場合、エンジンのどの部分に異常があるのかで、買取相場への影響は大きく変わります。

エンジンが始動して、異音が出ていても走行に支障がない異音であれば、特に買取査定で不利になりません。

しかし、走行に不具合が出るようなエンジン不調は、買取査定ではかなり不利になるでしょう。

特に、エンジン本体に不具合がある場合は、買取不可となる場合が多いので、その場合は廃車買取に相談しましょう。

エアコンが故障している車の買取り相場への影響は

エアコンは、クルマの快適装備で現代では必需品です。

しかし、エアコンが故障する場所はほぼ限られているほか、リビルト品などの安いパーツで修理が可能なので、買取査定への影響は、それほど大きくないでしょう。

エアコンの故障は、エアコンガスが漏れてしまっている場合、エアコンコンプレッサーの故障、エバポレーターと呼ばれる車内に設置された熱交換器の故障、そしてエアコンを制御するコンピュータの4つに大きく分けられます。

これらの故障は、専門の電装工場でチェックすれば故障カ所をすぐに断定できるほか、買取した系列店での修理も可能です。

そして、日本自動車査定協会では、コンプレッサーをリビルト品交換でも40,000円、ガスチャージでも10,000円程度の減点と定めているので、最大でも40,000円程度の減額で済みます。

オイル漏れしている車の買取り相場への影響は

オイル漏れは、長く使用しているクルマに多く見られる不具合です。

オイルが見ている間に漏れていることがわかるようだと、トランスミッションで10,000円程度、エンジンでは実費の減額です。

オイル漏れは、にじんでいる程度であれば特に問題がありません。

しかし、次の日に駐車してあるクルマの下がオイルで汚れているほど漏れてしまうと、かなりの減額を覚悟しなければならないでしょう。

故障車を高く売る方法やコツとは

故障車は、クルマのオーナーであればどのような不具合があるのか認識しているはずです。

1、そこで、査定に出す前に自動車修理工場で修理見積を取ってみましょう。

2、そこで、10万円を超えるような見積もりが出たなら、一般中古車買取ではなく、廃車買取への相談をお勧めします。

3、しかし、10万円に満たない修理費用であれば、一般中古車買取で査定してみましょう。

その時に、故障個所を正確に伝え、減額も聞いておきます。

そして、修理見積と値段を見比べ、修理して売却したほうがお得であれば修理をし、そうでなければ今度は廃車買取にも相談してみます。

そして、すべての金額を比較し、一番手元に現金が残る方法を選択すればお得に売却できるはずです。

故障車の買取は専門買取に相談

故障車は、一般買取では買取を断られることも珍しくありません。

しかし、故障の程度によっては思った以上の高値で買い取られることも少なくありません。

故障していても、走行可能かどうかが一つの目安なので、走行できるなら一般中古車買取、走行不可の故障なら廃車買取に相談すればよいでしょう。