車の窓ガラスが曇る原因や対処法とは!外側・内側や冬の曇りについても解説!

窓が曇る原因や対処法

夏や、冬に「窓ガラスが曇って運転しづらい」なんて経験はありませんか?

私も初心者の頃は、よくこの窓ガラスの曇りについて悩まされました。

解消方法は知っているが、すぐ曇ってします。

こんな方も多いのではないでしょうか?

窓ガラスの曇りで困った経験がある方は、是非最後まで読んでいただき、快適なカーライフにするための方法を手に入れてください。

スポンサードリンク

車の窓ガラスが曇る原因とは

車の窓ガラスが曇るのは「結露」が原因です。

特に冬や、雨の日はガラスが曇りやすくなります。

冬の場合は、外気温が、車内の温度よりも低くなり、ガラスが外気温で冷やされます。

そしてガラスの温度も低くなったところで、車内に乗り込むと、体温や、暖房で車内は温められて、車外と車内の温度差がさらに生じます。

ガラス付近の温かい空気は、ガラスによって冷やされ、飽和水蒸気量を上回り、水滴がガラスに付着します。

そして、窓ガラスに曇りが生じます。

これが、窓ガラスが曇る原因となります。

車のサイドガラスの外側の曇りの原因や対策は

外側の曇りについては、夏によく生じます。

これも、車外と車内の気温差が原因となります。

夏場、外の気温は高いですが、車内は冷房をかけて冷えすぎているため、車のサイドガラスの外側の曇りにつながります。

そして、湿度も影響してきます。

特に夏の雨の日は注意が必要です。

夏の雨の日は、常に外気温が高く、湿度も高い状態です。

そして、車の中で冷房をかけると、車内は冷えて、外より、湿度が低い状態になります。

湿気は冷たい物質に集まる性質があるため、冷えたガラスにつき、それが曇りとなります。

なので、夏の雨の日は外側の窓ガラスが曇りやすくなります。

対策として出来るだけ車外と車内の温度条件を一緒にすることです。

なので、エアコンをオンにして、外気循環にして走行すると、曇りにくくなります。

ですが、外気循環なので、車内の温度はなかなか冷えないのがデメリットです。

もし、曇ってしまい、すぐにでも曇りを取りたい場合は、窓を開けて1分も走行すれば曇りはすぐに取れます。

車の内側のフロントガラスが曇る原因や対策は

車外と車内の温度差が大きな原因です。

そして、雨の日の湿度などもまた原因になります。

ですから、対策としては先ほどと同様に車外と車内の温度差があまり出ないようにすることが対策として重要です。

内側曇るのは、車内の温度が高く、車外の温度が低い状況なので、エアコンのスイッチをオンにし、外気循環で走行、もしくは窓を開けて曇りを取り除きましょう。

夏にフロントガラスの曇りが取れない時の対処法

曇りが取れないときの対象法は3つあります。

1.ワイパーで曇りをふき取る

2.フロントデフロスターを使用する

3.窓を開ける

この3つです。

1つ目のワイパーで曇りをふき取るですが、ワイパーを使用すると一時的視界が開けます。

しかし、根本の解決ではないため、またすぐ曇ってしまいます。

2つ目のフロントデフロスターを使用するですが、フロントガラスに風をあて、水滴を乾かすイメージです。

曇りも取れて、しばらくは曇らなくなりますが、車内の温度管理をそのままにすると、また曇ってきます。

3つ目の窓を開けるですが、これが一番早いです。

窓を開け車外と車内の温度を出来るだけ一緒にすると、車内のガラスは曇らなくなります。

しかし、またエアコンの温度を下げすぎたりすると、また温度差が生じガラスが曇るので、エアコンの温度は下げすぎないようにすると曇りにくくなります。

梅雨にフロントガラスの曇りが取れない時の対処法

梅雨時期は、外の湿度も高いため、ガラスが非常に曇りやすいです。

そんなときの対処法は3つあります。

1.車外と車内の温度を出来るだけ一緒にしましょう。

2.エアコンの温度は下げすぎないようにする。

3.窓を開ける

以上3つです。

温度差と湿度という2つの曇りやすい原因が車外にあるので、夏や冬よりも曇りやすい環境なので、空調管理し、出来るだけ温度差が出ないように気を付けましょう。

窓ガラスの曇りを攻略し、快適な車内空間へ

いかがでしたか?

今回は窓ガラスの曇りについて解説していきました。

梅雨・夏・冬と曇りやすい時期があります。

しかし、原因は車外と車内の温度差が一番の原因になりますので、冷房や暖房を使用して快適にお車に乗るのはもちろんですが、快適すぎると、運転に不都合も出てしまいます。

この不都合が出ないように、出てもすぐ解消させられるように、窓ガラスの曇りの原因と、対処法を理解し、より快適にカーライフを過ごしてください。