車のアルミホイールの選び方を解説!鍛造や鋳造はどう違う?おすすめのアルミホイールは!

アルミホイール選び方

乗用車などを所有する一般ユーザーであれば、一度はイメージチェンジとして履き替える事を考える車のホイール部分。

通常さまざまなデザイン性からのチョイスが可能とされてる「アルミホイール」となり、現在販売されてる製品の全てがアルミ材質でのホイールとなっております。

今回はそんなアルミホイールについて、「製造方法の違いから来る性質のメリット・デメリット」やア「ルミホイールと鉄チンホイールの違い」、あと「購入する際での選ぶポイント」などを詳しく解説していきたいと思います!

スポンサードリンク

アルミホイールとは

構成要素となるリム、スポーク、フランジの大部分を「アルミニウム合金という素材を用いて製造される自動車ホイール」の事を指しており、一般的な需要としても機能を重視したスポーツタイプ思考の他、ドレスアップを目的としたファッション思考の購入ユーザーが殆どとも言われております。

アルミホイールのメリットとは

重量が軽い

ハンドリングがスムーズとなり乗り心地や燃費の向上

放熱性が上がる

熱によるブレーキへの悪影響回避

ドレスアップへの自由度が高い

見栄えが良くなる

一般的に標準装備とされてる純正のスチール製ホイール… 

俗に言う「鉄チンホイール」と呼ばる物が通常新車からは装着されておりますが、まずその鉄製ホイールに比べて「錆や腐食」に強く、基本としては「アルミ素材としての軽量化」が望めます。

製品としてのバリエーションが豊富な事からも「ホイールデザインによってはブレーキ部分やタイヤの放熱性に有利になる」など、ファッション性以外の性能面でも大きくプラスに働きます。

アルミホイールのデメリットは

まずスチール製との比較ではアルミという材質上、傷付き易く強度にも欠けてしまい、何よりユーザー側から見て最も痛いのが「割高となる価格帯」

製造側としてはスチール製と比べ、アルミは加工がし易い事からも製造過程でのバリエーション・製品としての豊富なラインナップが最大の長所といえますが、「製造上でもスチール製と同じ強度を保つため」の理由からどうしてもコストがかかってしまいます。

アルミホイールの鍛造や鋳造の違いについて

まず大きく分けたそれぞれの違いとしては鍛造(たんぞう)が「アルミ材に熱を加えてプレス成型する方法」となり、鋳造(ちゅうぞう)では溶かしたアルミ材を「金型に流し込んで成型する方法」となります。

鍛造(たんぞう)ホイールの特徴

この製造方法では内部に気泡などが発生せず、金属組織の密度を高く保てる事からも製品としてのホイールを「より薄く」また「軽く高強度な仕上げ」が可能とされてます。

鋳造(ちゅうぞう)ホイールの特徴

こちらの製造方法では基本が「型に流し込むだけ」の成型で終わり、鍛造と比べて手間がかからず強度に若干欠けるものの、「より低コスト」でありながら「比較的複雑なデザイン」の生産が可能となってます。

アルミホイールと鉄チンホイールの違いとは

簡単に大別するとなれば、「アルミホイールはアルミ合金が素材」「鉄チンホイールは鉄が素材」となってます。

「アルミホイールでは軽量化と強度、またドレスアップ目的の幅広いチョイスが可能」となっており、「鉄チンホイールでは金属製であるが故での軽量化や、デザインとしての自由度が望めない」といった違いが主とされます。

決して鉄チンホイールが悪いわけでは無いですが、私自身も歴代のマイカーには必ずアルミホイールを履かせてた経験上やはりアルミホイールには「不思議と物欲に駆られるファッション性の魅力」が備わっており、そこも大きな違いと言えます。

アルミホイールを選ぶ際のポイントとは

結局は最終的に行き着くところが「見た目(装着した際での車両全体で見るバランス)」と「ウエイト装着時(ホイールバランス)での精度」。

もちろん機能面で通常重要視されるのが「重量」となってくるのでありますが、製品として世に出回ってるアルミホイールの多くは事実上「軽量化」に対してあまり重きを置いてなく、下手をすれば鉄チンホイールよりも重かったりもします。

ユーザーとなる多くの方々は理屈ではなく感覚、つまり「ビジュアル面での製品チョイス」と「完成度が問われる精度への見極め」がキモとなるのです。

まとめ

基本的に車というのは「新車から標準装備されてる鉄チンホイール」で通常使用おいては全く問題なく、むしろメーカー側から保証される「正規品としての安心感」が強みとなってるほどです。

とはいっても足元のドレスアップは多くのカーユーザーにとって最も重要な楽しみであり、また「アルミホイール次第で全ての印象が変わってしまう」といっても過言ではありません。

その為にも安心とされてる「国内生産」や「国内販売」に極力こだわり、それらを軸としてる製品選びであればたとえ性質・機能・デザインに偏ったこだわりがあろうとも特別問題は無いと思われます。