車のエアコンやつまみが壊れた!故障原因や費用はいくらかかる?

「車の冷房がきかなくて暑くてたまらない」、「暖房がきかなくなって寒い」などエアコンが故障することはよくあります。

エアコンの不調に関しては症状によって比較的に原因箇所が断定しやすいです。

この記事ではエアコンやつまみの故障や症状などそれらの原因、そして修理費用を説明しています。

また車のエアコンは日常の手入れや点検でも故障を防げる可能性が高いので併せてご紹介します。

スポンサードリンク

車のエアコンの主な故障の症状とは!

カーエアコンの故障には様々な症状があります。

エアコンがきかない」「冷房がきかず送風になる」「暖房がきかない」「エアコンから異音がする」などが主な症状です。

症状別で故障個所がある程度わかるし、普段から点検やメンテナンスをすることで故障や不具合を回避しやすいです。

故障以外でもエアコンの臭いなどの症状もでやすいです。

車のエアコンが故障する原因とは!

カーエアコンの故障に関してはまず症状によっておおよその原因を予想することができます。

エアコンの調子が悪いと感じたらまず初めにエアコンフィルターの掃除をしてみて下さい。

フィルターにホコリが溜まって目詰まりしているとエアコンの風の出が悪くなります。

フィルターのホコリを掃除するだけで元に戻る場合があるのでまず初めにやってみて下さい。

それでも調子が悪い場合には以下の原因が考えられます。

冷房がきかない場合の原因

一般的に最も多い症状が冷房がきかないという症状です。

カーエアコンの冷房に関してはエアコンガス(クーラーガス)が大きく影響しています。

冷房の仕組みを簡単に説明すると家庭用のエアコンと全く同じ原理で、エアコンガスをシステム内で循環させた時に、液体が蒸発する際に熱を奪うという原理で車内が冷えるという仕組みになっています。

そして冷媒(エアコンガス)を圧縮するのはコンプレッサーと呼ばれているものです。

余談ですがコンプレッサーはエンジンの動力を利用するのでエアコンをかけると当然ガソリンを消費します。

エアコンが燃費に関係するのはそのためです。

さて、冷房の調子が悪くなる原因は大きく分けて3つありますが、だいたいがエアコンガスかあコンプレッサーに原因があるケースが多いです。

1 エアコンガスの不足

上記で説明したエアコンガスが車の振動や何らかの原因で亀裂が入ったり配管ホースの結合部分から漏れてガスが不足する場合です。

通常エアコンを使うだけではガスは減りません。

ガスの量が減ると当然エアコンの効きも悪くなってしまいます。

長い年月を経て自然に減った場合にはガスを補充すれば治ります。

2 エアコンガスの漏れ

クーラーガスは通常では漏れるということはありません。

しかし経年劣化に伴い部品の結合部分や配管の亀裂から漏れる可能性は十分にあります。

クーラーガスをいくら補充してもそこからまた漏れてしまうので、原因箇所を突き止めて部品交換をしないといけません。

もちろんガスの補充も必要になってきます。

3 コンプレッサーの故障

コンプレッサーというのは直径が20センチほどの丸い形をした筒状のものでエンジンに取り付けられています。

コンプレッサーが作動しなくなるとまず冷房は効かなくなります。

クーラーガスをエアコンのシステム内で循環させる働きができなくなるからです。

ガスを補充すると治る場合が多いですが、それでもだめなら交換になり高い修理代を払わなくてはいけなくなります。

車のエアコンのコンプレッサーが故障する原因とは!

コンプレッサーに関してはこちらでもう少し詳しく説明させて頂きます。

まずコンプレッサーは非常に強く頑丈な部品なので本体自体が故障することはあまりありません。

コンプレッサーが動かなくなる1番の原因はエアコンガスの不足です。

ガスがないとコンプレッサーは動きません。

しかしガスが十分にあるのにコンプレッサーが作動しない場合は電磁クラッチに不具合があるかもしれません。

冷房をオンにすると電磁石に電力が流れるシステムで、その際に電磁クラッチがコンプレッサーにエンジンの動力を伝えます。なので電磁クラッチに不具合が発生するとコンプレッサーが回らなくなるというわけです。

車のエアコンの暖房が故障した原因とは

車の暖房は基本的に非常に高温になっているエンジンの熱を利用しています。

クーラーほどややこしくはありません。

エンジンの熱を利用しているので、エンジンをかけてすぐには暖房が効かないのはそのためです。

暖房の詳しい仕組みとしてはエンジンによって発生する熱をクーラントと呼ばれる冷却水で冷やします。その際に温度が上がってしまう冷却水に風を送風すると、その温かい空気が車の車内に送られるという原理です。

したがってエアコンをかけなくても車を走らせてエンジンが温まっている状態なら暖房は利用できます。

冬に車内のフロントガラスなどが曇った時にはエアコンをかけると除湿されて曇りが取れます。

エアコンかける(A/Cボタンを押す)ということはコンプレッサーを作動させるということです。

そうすると燃費にも関わってくるということです。

さて暖房が効かない原因をいくつかご紹介します。

1 クーラントの不具合

先に説明した通り、暖房は熱くなったエンジンを冷やす際にクーラント(冷却水)を利用します。

その冷却水が漏れて不足していたり、何らかの原因で目詰まりしていると暖房の効きが悪くなってきます。

もしクーラントがなくなっていたら最悪の場合はオーバーヒートを起こしかねません。

暖房の効きが悪くなる原因はクーラントによるオーバーヒートの前兆としての目安になります。

2 サーモスタットの故障のため

暖房の不具合で多いのがこのサーモスタットの故障です。

サーモスタットというのは冷却水の温度を調節してくれる弁がついている部品です。

エンジンを温めたい時は冷却水の弁を閉じて温め、温度が上がり過ぎたら弁を開いてエンジンに冷却水を循環させて温度を調節してくれます。

このサーモスタットが故障して弁が閉じなくなった場合にクーラントの温度が上がらずに暖房の効きが悪くなります。

車のエアコンの故障の修理はどこで頼む?

エアコンはフィルターの掃除をするだけで治るケースが多々あります。

しかしそれでも不具合が治らない場合は整備工場やディーラー、もしくはオートバックスなどのカーショップなどで修理をしてもらうのが一般的です。ガソリンスタンドでも簡単な点検や修理ならやってくれます。

上記で説明した以外にも電気的な不具合やセンサー類の故障によって壊れるケースもあり素人では判断がしにくくプロに依頼したほうが安心で安全です。

エアコンの故障は何か大きな故障の前兆である場合も多く早急に修理をすることをおすすめします。

車のエアコンのつまみが壊れた場合の対処法

車のエアコンのつまみが壊れた場合も、ディーラーや整備工場に持ち込み修理してもらうことが一番です。

カーショップなどでも可能だとは思いますが、取り寄せになる事が多いです。

早く修理を終わらせるためにも上記の場所へ相談すると良いでしょう。

車のエアコンの故障の費用はいくら?

エアコンの故障による修理の費用は故障個所によって値段が大幅に変わってきます。

修理費用は部品代の他にも工賃が含まれてきます。

一般的には数千円で済む場合もありますが修理箇所によっては10万円ほどかかってしまう場合もあります。

フィルターの交換作業→2000円から5000円ほど

クーラーガスの補充や漏れの修理→数千円から3万円くらい

電気系統やシステム関連の修理→4万円から6万円ほど

サーモスタットの交換費用→1万円ほど

車のエアコンの風量の故障はいくら?

フィルターの交換のみなら数千円

エバポレーターの高圧洗浄なら4万円前後、分解洗浄をするなら10数万円ほどかかります。

車のエアコンのつまみの故障はいくら?

カーエアコンのつまみが壊れた時の修理代は1000円以内の部品代で済むでしょう。

簡単な作業なのでおそらく工賃はサービスしてくれる場合が多いし、もし取られても大した金額ではありません。

カーエアコンのコンプレッサーの故障の費用はいくら?

カーエアコンの故障でコンプレッサーの交換となると修理代はかなり高めになってきます。

相場は車種によって違いますが軽自動車で5万円から、普通車で6万円から、ミニバンタイプの車なら10万円ほどかかってきます。

車が故障しても安心なサービスとは

エアコンの故障が原因でオーバーヒートなどの大きなトラブルに発展する可能性は大いにあります。

よく路肩でボンネットを開けている車やエンジンから白い煙を出している車を見かけますがまさにそれです。

車はいついかななる時に故障するかもしれません。

特に走行距離の多い車や中古車は注意が必要です。

車をお持ちの方にはロードサービスへの加入がおすすめです。

中でもJAFは最も有名なロードサービスで登録すると24時間365日、近くの提携修理屋さんがかけつけてくれます。

年会費もお手頃だし、優待施設での割引を利用するとそれだけで年会費用がペイできるほどの金額です。

まだ加入していない方には登録を強くおすすめします。

こちらから簡単に登録できます。

安心&充実のロードサービス!JAF入会はこちら

故障の多い車は買い換え時かも

クーラーガスの補充やフィルターの交換くらいだと金額も大したことはありませんがコンプレッサーの交換となるとかなりの金額が発生します。

コンプレッサーを交換しないといけないくらいの車であると年式が古く、走行距離もかなり走っていると想像がつきます。

はたしてそのような車に10万円クラスの修理代をかける必要があるのか悩みどころですよね。

正直コンプレッサーが故障するような車は他にも色々と故障が多くなるでしょう。

車の部品は消耗品なので仕方がありません。

それならと、そのタイミングで車を買い替える方は非常に多いです。

そしてどうせ売るなら1番高く買ってくれる所で売りたいですよね。

そこで活躍するのが車の一括査定です。

1分ほどの入力作業で自分の車の価値がわかる非常に便利なサービスです。

実は私も一括査定で配車寸前の車を高くで引き取ってもらいました。

ユーカーパックで車を売却した結果とは!

ユーカーパック

下の白いトヨタのノアが私の車です。

私が頼んだ車の一括査定はユーカーパックでした。

1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】

ユーカーパックは車の一括査定でよく聞く面倒くさい電話の営業攻撃もいっさいなく本当に良かったです。

私の方から問い合わせたオペレーターの方も逆に買い取り業者に交渉までしてもらい大変お世話になりました。

実際に引き取りに来てくれた画像に写っている回収業者のドライバーさんもユーカーパックが1番買い取り値段がいい(秘密の話)と言っていました。

見積りだけでもできるので是非ユーカーパックを利用してみて下さいね。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

エアコンの故障は故障個所が判明しやすいですが実はかなり複雑で素人では修理が難しいです。

普段からのフィルターの掃除や交換をまめにすることで寿命を伸ばすことは可能です。

しかし10年落ちの車や10万km以上の走行距離がある車になってくるとエアコンの修理だけではすまない場合が多いです。

車の買い替えを考えてもいい時期かもしれません。

そして売るなら少しでも高く買い取ってくれる業者を選んで次の車の購入資金にあてましょう。

私が利用したユーカーパックは色んな一括査定業者の中でも1番高く引き取ってくれていると回収業者のドライバーさんのお墨付きでした。

ぜひご活用下さい。

スポンサーリンク