車のエアコンが効かない原因や応急処置の方法とは!修理費用はどれくらいかかる?

エアコンが効かない原因

車のエアコンが効かなくなるととても不便だと思います。

ここでは、車のエアコンが効かなくなる原因やその際に出来る応急処置の方法、修理をする時の大まかな修理費用について解説していきます。

車種や年式、グレードによりエアコンの装備も変わってきます。

しかし、大まかな部分というのはあまり変わりませんので、最後まで読んでいただけると、エアコンの不具合について少しは理解していただけるかと思います。

スポンサードリンク

車のエアコンが効かない原因とは

エアコンが効かない原因は数多くあります。

エアコンガス量不足・ガス量過多、エアコンガス漏れ、エアコンサイクル内での詰まり、エアコンコンプレッサーの圧縮不足、エアコン操作パネル不良(ユニット)、エンジン冷却系の異常…など数多くあります。

その中でも1番多い原因がエアコンガス量不足です。

特に夏場にエアコンが効かないと言われ持ち込みされる方が多いのですが、冬場はヒーターを使用するのでエアコンガスが多少不足していても分かりにくいのです。

夏場になると冷房を使用するので、その時に冷えが悪いと感じ気付きます。

エアコンのガス補充ぐらいであれば、ガソリンスタンドやオートバックスやイエローハットなどの自動車用品販売店などでも行ってもらえると思います。

ガス量不足でなく、他の箇所が不具合を起こしていた場合、不具合箇所を特定するのが難しいことや時間がかかることもあるため、ディーラーや整備工場に連絡をして診てもらいましょう。

車のエアコンが運転席側だけ効かない時の原因や対処法は

運転席側だけエアコンが効かない時の原因は、エキスパンションバルブの詰まりやエアコンガス量の不足やエアミックスダンパーサーボモーターの不具合などが考えられます。

まず、エキスパンションバルブの詰まりから説明します。

エキスパンションバルブとは、高温高圧の液体のエアコンガスを霧状にして噴射し、低温低圧の気体のエアコンガスにする部品です。

この部品は、人の髪の毛ほどの大きさの穴が空いており、そこに液体のエアコンガスが通過する時に霧状に変えるというものですが、穴が小さいために詰まりを起こす事がよくあります。

詰まってしまうと、上手く噴霧されずその先のエバポレーターという部品が冷やされない事で、運転席側だけエアコンが効かないといった症状が発生します。

次に、エアコンガス量の不足です。

エアコンガスが規定量入っていれば、エアコンの配管などはガスで充満しているはずです。

その状態であればエアコンは効くのですが、ガス量が不足していると、運転席と助手席で温度に差が出てしまう事があります。

運転席側は冷えが悪く、助手席側は冷えるといった感じです。逆も同じです。

ガス量の低下は、ガス漏れによるもので、部品のつなぎ目に使用されるゴムのパッキンが劣化をし、そこから漏れ出すという事が多くあります。

また、長年車を使用していると、漏れていないのに自然とガスが減るという事も起こり得ます。

次は、エアミックスダンパーサーボモーターの不具合です。

この部品は、暖かい風と冷たい風を混ぜ合わせ設定した温度の風を送り出すための部品です。

この部品が故障してしまうと、温度設定していても上手く風が混ざり合わないので、運転席側と助手席側で温度差が生じる事があります。

運転席は暖かい、助手席は冷たいなんて事が起こってしまう可能性があります。

自分ですぐ出来るような対処法がないので、そういった症状がある時はディーラーや整備工場で診てもらいましょう。

車のエアコンが昼間に効かない原因や対処法は

昼間にエアコンが効かない原因は、エアコンガス量不足、エンジン冷却系統不具合などが考えられます。

まずは、エアコンガス量不足です。

エアコンガスが不足すると、圧縮不足になったり、冷やされたエアコンガス量が低下するため効きが悪くなったり、全く効かなくなります。

また、昼間は外気温が1番高くなるのに比例し、車内も1番温度は高くなります。

結果的に昼間は、エアコンの効きが悪いと昼間に効かないように感じてしまい、夜涼しくなると少しは効いていると感じてしまう事があります。

次に、エンジン冷却系統の不具合です。

エアコンなのにエンジン?と思われるかもしれませんが、実は関係しています。

エアコン冷却系統の電動ファン、サーモスタットこの辺りの部品が故障するとエアコンが効かなくなります。

電動ファンが故障すると、風を当てて冷却ができなくなるために、エアコンサイクルの温度が下がらないので、コンプレッサーが停止しエアコンが効かなくなります。

ただの風(送風)が出てくる様になります。

電動ファンは、エンジンの冷却機能の役割もあるため、最悪オーバーヒートしてしまうので、早めにディーラーや整備工場で診てもらう必要があります。

エアコンフィルターに関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

🔗車のエアコンフィルターを交換しないとヤバい!交換時期や値段、掃除の仕方を解説!

車のエアコンが停車中だけ効かない原因や対処法は

停車中だけエアコンが効かない原因は、エアコンの冷却不足、コンプレッサーの不具合などが考えられます。

まずは、エアコンの冷却不足です。

コンデンサーという部品が車の前部(フロントバンパーの後ろ)辺りに付いています。

その部品は、コンプレッサーで圧縮された高温高圧のエアコンガスを走行風で冷やす為に通る網目状の道のような部品です。

この部品はアルミ製のため変形しやすいので注意が必要です。

変形したりエアコン詰まりが発生すると、冷却効果が下がり圧力が上昇しエアコン機能が停止します。

走行中は風が当たるため、冷やされ圧力が低下しエアコンが作動しますが、停車するとまた圧力が上がるのでエアコンが効かないといった症状になります。

できる対処法は、停車中にエアコンが効かない時はエンジンをかけたままフロントバンパーの隙間からコンデンサー目掛けてシャワーなどで水をかけてみてください。

それでエアコンが効き始めると、冷却不足が原因の可能性が高いです。

一時的にエアコンが効くようになるだけなので、ディーラーや整備工場で診てもらいましょう。

次は、コンプレッサーの不具合です。

コンプレッサーは、エアコンガスを高温高圧の液体に圧縮する部品です。

この部品が故障すると、圧縮ができないためにエアコンが効かなくなります。

走行中は、エンジンの回転と同様に回転が上がるためコンプレッサーの圧縮ができエアコンが効く可能性があります。

しかし、停車をしアイドリング状態になると回転数が下がるため効かなくなるといった症状が出る可能性があります。

コンプレッサーが故障するとエアコンが全く効かなくなることがほとんどなので、上記のような症状は少ないかもしれません。

ディーラーや整備工場で診てもらい交換が必要になります。

車のエアコンが効かない時の応急処置とは

可能な応急処置は、先述したフロントバンパー奥のコンデンサーという部品目掛けて水をかける、エアコンの操作パネルの不具合などであれば、コネクターの抜き差しで復活する可能性があります。

しかし、ほとんど応急処置はありませんので、ディーラーや整備工場で診てもらいましょう。

車のエアコンの修理の値段はいくら?

修理費用は一概に言えませんが、大まかに数千円~数十万円と幅が広いです。

例えば、コンプレッサーの交換であれば部品のみの金額で新品は約10万円前後、リビルト部品は3~6万円前後ぐらいです。

もちろん車種や年式などにより異なります。

この部品代にエアコンガス代+作業代とかかってきます。

また、エアコンは1つの部品交換で良い場合とそうでない場合があります。

コンプレッサーが固着をしてしまうと、コンプレッサー内で発生した鉄粉が他の部品に回ってしまい詰まりを起こす可能性があります。

そうなると、コンプレッサーだけでなく他の部品もまとめて交換しないといけません。

その際の費用は、十数万円とかになる可能性は大いにあります。

エアコンに不具合が発生した時には

エアコンに不具合が発生した時には、その場で出来る応急処置は限られているので、すぐに近くのディーラーや整備工場に連絡をして診てもらいましょう。

放置しておくと複数の部品交換しないといけなくなり、費用も時間もかなりかかりますので注意してください。

金額があまりに大きいと、乗り換えを検討されるのも1つの手かもしれませんね。