運転中に停車させられ言いがかりを付けられた時に取るべき行動とは!

運転中に急に車を止められて言いがかりを付けられたことはありませんか?

近年悪質なドライバーが増えて社会問題になっています。

このような行為に出る人間は普通ではなく相手にすると危険が増す可能性があります。

この記事では運転中に言いがかりを付けられた時の対処法を説明しています。

運転中の言いがかりのパターン

運転中に付けられる言いがかりにも色んなパターンがあります。

言いがかりのキッカケになったパターン別に解説します。

煽り運転からの言いがかり

2017年に起きた煽り運転東名夫婦死傷事件がこのパターンに当てはまります。

散々煽られた後に停車させられ言いがかりを付けられた挙句の事故でした。

もしえらい勢いで煽られた後に車を止められたらどうすればいいのでしょうか?

鍵をロックして目を合わさない

まずは鍵をロックして下さい。

車を降りてくる人間の中にはドアを開けて引きずり降ろそうとする輩がいます。

安全確保の為に鍵は必ずかけて目を合わさないようにしましょう。

速やかに110番

110番にすぐに電話して下さい。

最寄りの警察本部に繋がりますので指示や対応の仕方を説明してくれます。

普通ならこの時点で警察に電話をされているのが分かれば退散していきます。

しつこく罵声を浴びせられても相手にせず警察と会話し続けて下さい。

何を言われ何をされているのかを事細かに実況中継しましょう。

なお110番は煽られている最中にかけてもかまいません。

>>煽り運転された時運転中に携帯電話から通報したら違反になる?

スマホやドラレコでの撮影

ドライブレコーダーがあれば1番いいのですがない場合にはスマホで撮影をして下さい。

同乗者がいれば終始撮影をお願いしましょう。

おそらく恐怖で心臓がバクバクするでしょうが映像はものすごい証拠になるので頑張って撮影して下さい。

相手のナンバーは必ず控える

相手のナンバーの必ず控えましょう。

もしあなたが車を蹴られたり最悪殴られたりしたら後から器物破損や暴行罪で訴えることができます。

非接触事故などによる言いがかり

事故にも自分が接触した事故と自分は関係ないのに「お前のせいで事故った」などの非接触事故があります。

この場合は自分が悪くなくても対応次第では加害者扱いされる可能性があるのでしっかりと対処しないといけません。

警察を呼び絶対に逃げない事

まずは必ず110番をして警察をよんで下さい。

警察の事情聴取を取らないとあなたに過失が発生した時に保険がおりず全額負担になってしまいます。

そして絶対に「知らねえ、関係ねーよ」と立ち去らないで下さい。

相手は必ずナンバーを控えるでしょうし後々の警察官からの印象もかなり悪くなります。

だって自分が悪くなければ普通逃げないですよね?

現場から立ち去り相手の人に「そのまま行っちゃいました」と言われると心象も信憑性も下がり不利になりかねません。

警察官を呼んで毅然とした態度で事情聴取を受けて下さい。

連絡先は教えない

非接触事故の場合は相手に電話番号などの連絡先は教えない方がいいです。

後々、個人的に言いがかりや請求をされかねません。

必ず警察官や保険会社を通してやり取りをするようにしましょう。

警察官の調べが終わったら必ず「自分は事故当事者ではないですよね?」と確認をして下さい。

警察官が「あなたは無関係」となれば終わりです。

煽り運転されたという言いがかり

煽り運転をしたつもりが無くても相手から煽り運転をされたと言われるケースがあります。

実は煽り運転と取られても仕方がないような運転をするドライバーが多いんですよね。

それに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

>>それをやったら煽り運転!通報されたって仕方ない行為5つを解説!

もしそのような言いがかりをされたら鍵は必ずロックした状態で素直に「すいません
と謝って行ってもらいましょう。

自分に身に覚えがなくても言い返さずそれで済ました方が賢明です。

相手はわざわざ車を降りてきて文句を言ってくるような人間ですから何をされるか分かりません。

それでもしつこくドアを開けようとしたり車を蹴ったり罵声を浴びせるようならやはり警察官に110番をすることです。

トラブルに最も効果のある対処法とは!

運転中の事件や事故に対して有効な対処法が1つあります。

これが有るのと無いのではあなたの人生が変わると言っても過言ではありません。

その方法とは

ドライブレコーダーの設置

です。

これだけ煽る過激なドライバーが増えてきたらもはや映像という証拠を取って警察に対応してもらうしかありません。

逆に言うと証拠がなければ警察もあまり動いてはくれないのです。

一目見て過失があるかどうかが分かるドラレコの設置はあなたを守ってくれます。

後方も撮影できるタイプのドラレコがいいですね。

まとめ

今回は運転中に言いがかりを付けられた時の対処法をパターン別で説明しました。

対応の基本としては「相手にしない」「110番連絡する」です。

クルマを運転していると本当に色んな人間がいます。

中には法律を守らない自分勝手な運転をする人間もいます。

トラブルが発生した時に自分に落ち度がないようにする為にも普段から安全運転を心がけましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。