煽り運転しやがって!と一方的に言いがかりをつけたれた時の対処法とは!

煽り運転をされたと一方的に言いがかりを付けられた事はありませんか?

自分には全く身に覚えのない話でキレられ絡まれ訳も分かりませんよね。

しかしこのような事は十分にあり得る話なんです。

この記事では身に覚えのない煽り運転で言いがかりを付けられた時の対処法について解説しています。

煽り運転は判定が難しい

運転していて明らかに幅寄せした、パッシングをしまくった、執拗にクラクションを鳴らしたなどの行為は煽り運転だと認定されても仕方がありません。

しかし煽り運転は個人の感覚による部分が非常に大きいです。

例えば車間距離ですが自分の感覚では普通でも相手からしたら「距離を詰めすぎだ、何煽ってんだよ」となるかもしれません。

また普通に車線変更しても相手からしたら「急に割り込んできやがってっ」となる場合もあります。

このような事例は個人の感覚に左右されるものです。

普通に運転していても煽り運転と取られる場合と取られない場合があるんです。

また自分では煽っていないと思っていても、それは煽り運転と取られても仕方がないよという行為もいくつかあります。

それに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

>>それをやったら煽り運転!通報されたって仕方ない行為5つを解説!

まずはこの記事のような誤解を生み、煽り運転と取られても仕方がないような運転をしないというのがトラブルに巻き込まれない対策になります。

言いがかりを付けられるパターン

言いがかりを付けられる場合は大きく2つのパターンがあります。

警察に通報されるパターン

1つ目はあなたが知らない間に勝手に警察に通報されるパターンです。

実はこのパターンは意外にも多いんですよね。

気にくわないドライバーがいるとすぐにスマホから110番して警察に通報されます。

本気で生命の危険を感じるほどの煽り運転をしたなら分かりますが、微妙なラインの運転でも嫌がらせ感覚で通報される場合もあります。

ちょっとしたクレーマーですね。

その場合は相手も本気であなたをどうする気もなく腹いせの通報ですのでさほど気にしなくてもいいです。

警察から電話がきて事情を聞かれ注意されるくらいで済みます。

私も後日、自宅に来られた経験がありますが事情を聞かれて終わりでした。

何故それで済むのか?

それは証拠がないからです。

証拠があれば検分されて煽り運転が認定されれば危険性帯有者となり1発免停の処分をくらいます。

微妙な判定の煽り運転で電話だけの通報の場合、わざわざ警察まで証拠を見せに行くケースは稀です。

直接言いがかりを付けられるパターン

2つ目は車を強制的に止められる、又は信号待ちなどで止まっている時に車から降りてきて直接文句を言われるパターンです。

こちらの場合はかなり面倒なことになる可能性があります。

先ほど述べたドライバー個々の感覚によるクレームが多いからです。

信号が青に変わっても発信しない車に一回クラクションを鳴らしただけで煽られたとブチ切れるドライバーもいますから。

車間距離に対しての煽り行為だって正確に距離を測ったわけでもありません。

不快になったかどうかは全ては相手の感覚次第なんです。

そうなると「煽った」「煽られた」の水掛け論になります。

気を悪くされてごめんな、で済めばいいですが相手が警察まで呼んで訴えるとなれば話は別です。

この場合、謝る=煽り運転を認めたとなります。

道路交通法違反かもしくは最悪の場合、危険性帯有者となり一発免停になります。

警察を呼ばれた場合には毅然とした態度でやってないと主張するしかありません。

なぜならあなたは非常に不利な立場からスタートするからです。

警察官もあなたがなんの落ち度もなければわざわざ相手も警察まで呼ばないだろうと思うからです。

しかしながらこのような場合でもやってないと主張すれば気分は悪いでしょうが注意で済みます。

認めない限りは「証拠がないから」です。

言いがかりを付けられた時の最も有効な対処法

実際に個々の感覚による言いがかりに関しては証拠や証明のしようがありませんし、ジャッジも大変難しいものになります。

また無実が証明できなければ冤罪の被害にあう可能性だってあるんです。

その問題を唯一解決してくれる方法があります。

というか自分の無実を証明するにはこの方法しかありません。

あなたの無実の映像と音声記録、そう

ドライブレコーダーです。

ドライブレコーダーはあなたの無実を証明する最強のアイテムです。

これだれ煽り運転や車のトラブルが社会問題になっている中、ドラレコを設置していない車は無防備すぎると言えるでしょう。

またドラレコは撮影だけでなく抑止力としても絶大な効果を発揮します。

まとめ

今回は煽り運転をされたと言いがかりを付けられた時の対処法について書いてみました。

煽ったつもりはなくても煽ったと言われると非常に困りますよね。

人間は不快に思う沸点は人それぞれ違いますから普段から一定の距離や間隔を保つ運転を心がけましょう。

そして無実を証明する唯一無二のアイテム、ドラレコは自分や家族を守る為に必ず設置をしましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。