神奈川の京急衝突事故はトラックドライバーには他人事ではない出来事である!

京急トラック事故について

先日、神奈川県の京浜急行電鉄の新町から仲木戸駅の間の踏切で急行電車とトラックが追突する凄惨な踏切内事故が発生しました。

怪我人も多数でていてトラックの運転手はお亡くなりになったようです。

僕はかねてから踏切内の事故はトラックドライバーにとって最も怖く起こしてはならない事故だと警笛を鳴らしていました。

最も怖い踏切事故について
>>大型トラック運転手の初心者が絶対にやってはいけない事!大惨事になるよ!

スポンサーリンク

他人事ではない踏切ゾーンの恐ろしさ

上の別記事でも詳しく説明していますがトラックの運転手にとって踏切ゾーンは最も注意をしないといけない場所です。

トラックのボディは非常に長く踏切の向こう側のスペースを計算してから侵入しないと途中で遮断機が降りてきたら大変なことになります。

今回の事故ではドライバーが右折で曲がり切れずに何回も切り返している間に電車が来てしまい衝突事故になったようです。

車体が長いトラックには内輪差が大きいという特性があります。

僕たちトラックドライバーは曲がり切れない時は何度も切り返す事はあります。

しかしそれを線路内でやるのはかなり危険な行為でした。

しかし気持ちが分からなくもないのが今回の事故は他人事ではないという所です。

トラックドライバーの心理とは

今回の事故はこの仕事を知っている他のドライバーからの証言ではいつもと違うルートを走っていたようです。

間違ったのかどうかは分かりません。

これは僕の話ですが知らない土地で地図や教えてもらった道から間違ってしまうと非常に焦ります。

行ける所まで行ってUターンをしようとしてもUターンする場所がなくどんどん状況が悪くなる可能性もあります。

そもそもその先がどんな道なのかも分からない出たとこ勝負だからです。

道が狭くなればなる程、後ろからも車がくるし一旦トラックを止めて地図を見る余裕もなくなってきます。

こんな経験はトラックの運転手なら誰しもが少なかずあるはずです。

そんな時の運転手の心理はとにかく状況を脱したい、元のルートに戻りたい、です。

僕も道を間違って普通なら絶対にあり得ない場所でUターンをしようとしてオーバーハング(けつ振り)でガードレールを破損した経験があります。

何処でUターンしたと思います?

なんと普通の対抗二車線の道の真ん中です。

深夜で車はなく少し広めの道路だったので道の真ん中でUターンを試みたのです。

後でどれだけ考えても何故あんな所でUターンをしようとしたのか不思議です。

人間は慌てたり焦ったりすると突拍子もない行動をとるんだなと体感しました。

踏切内での切り返し行為、

何故そこじゃないといけなかったのか?

他のルートはなかったのか?

冷静に考えるとそれがいかに危険な場所であるかは判断できるのですが焦ったりすると冷静さを欠いてしまうのが人間です。

今回事故をしたドライバーが間違ってその道に入っのかは分かりませんが、道を間違って狭い道に迷い込んだ時は非常にドライバーは焦ってしまいます。

心臓もドキドキして大きな不安にかられてしまうものです。

トラック運転手がやりがちな道の間違い

僕が実際にやってしまった体験談を少し紹介します。

電車の高架

トラックの高架事故

初めていく現場で地図を見ながら走っていたのですがとちゆうに高架がありました。

行ってみて気付いたのですが高架はトラックがくぐれる高さではなく、しかもUターンもできないくらいに狭い道でした。

結局バックするしかなく1キロほど他の車に協力を頂きながらバックで脱出しました。

トンネル

荷物が積み上がり時間もたっぷりある仕事だったので下道で帰ろうと思い地図を見ながら走っていると、ある山奥でトンネルがありました。

トラック一台しか通れないめっちゃ狭いトンネルです。

高さはなんと3.6メートル!

Uターンもできる道ではなかったので試しに潜ってみると案の定、ガリガリっ、ガリガリっと車体を擦ってしまいました。

どうする事も出来ずに結局はタイヤの空気圧を少し抜いてトンネルをくぐり脱出しました。

狭い道に迷い込んだ時の対策は

・まずは焦らずに落ちつき停車する

・地図を見て大きな道を確認する

・どんどん奥に行かないこと

・誰かいれば道を聞くこと

・トラックが入れそうな会社などがあれば助けてもらう

・警察をよぶ

見切り発車は絶対にしないほうがいいです。

状況をさらに悪化させる可能性があります。

地図を見て自分の位置状況を必ず確認して、とりあえず大きな道にでる努力をしましょう。

それでもどうしようもなくなったら警察を呼んで交通整理や誘導を要請しましょう。

まとめ

まとめ

今回は神奈川県で起きたトラックの電車の衝突事故について僕の体験談を書きました。

本当に他人事ではない事故です。

踏切内は非常に危険地域だし狭い道を通る時には細心の注意を払わなければいけません。

お亡くなりになった方のご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク